現在、登録業務を停止しています。
ロシア史研究会
 
ロシア史研究会事務局

〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻
鶴見研究室気付

taro_tsurumi/あっと/yahoo.co.jp
(/あっと/を@に変換してください)
 
193382access

事務局からのお知らせ

Information
12345
2018/09/13

フランスロシア東欧学会Call for Paperのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by russianhistory管理者1
JCREESより、フランスロシア東欧学会からのCall for Paperのお知らせをいただきました。以下のリンクをご覧ください。

http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/jcrees/

18:10
2018/09/10

ウクライナのアーカイブに関する情報共有

Tweet ThisSend to Facebook | by russianhistory管理者1
在ウクライナ日本大使館の南野大介氏より、松里公孝会員を通して以下の情報をご提供いただきましたので、メールの文面のままご紹介いたします。ご関心のある方は、まずは松里会員にご連絡いただくことになりますが、必要であれば事務局が仲介いたします。

----

最近、ウクライナ保安庁(SBU)のアーカイヴを訪問する機会があり、独立以前の資料は全部開示にしたので、是非日本の研究者にも活用していただきたいとの話がありました。何人かの欧米の歴史家はすでに利用しているそうで、その成果物の展示もありました。研究テーマによるのでしょうが、もし、SBUアーカイヴなら史料が見つかるかもしれないといった話があるのであれば、関係者を御紹介申し上げたく思いますので、御連絡頂ければ幸いです。担当者が言うには、①ソ連時代のウクライナ国内の社会動向(含、個別の捜査案件など)、②ソ連時代のKGBの活動に関する資料で、モスクワでは開示になっていないもの、の2つの点が「売り」とのことでした。  

00:24
2018/08/04

大会プログラム掲載

Tweet ThisSend to Facebook | by russianhistory管理者1
大会プログラムを発表しました。「大会」ページをご覧ください。
10:46
2018/07/10

全国大学院生協議会からのアンケートお願い(院生対象)

Tweet ThisSend to Facebook | by russianhistory管理者1

全国大学院生協議会より以下のアンケートのお願いをいただきました。

----

大学院生のみなさま

 

 突然のご連絡、失礼いたします。私たちは全国大学院生協議会(全院協)です。
 この度は、大学院生を対象にしたアンケート調査にご協力いただきたく、ご連絡いたしました。

 

 本調査は、全院協が、全国各大学の加盟院生協議会・自治会の協力の下に実施する、全国規模のアンケート調査です。本調査は、大学院生の研究及び生活実態を客観的に把握し、もってその向上に資する目的で行うものです。

 

 全院協では2004年度以来毎年、アンケート調査を行っており、今年で15回目です。調査結果は「報告書」としてまとめており、こうした調査結果をもとに関連省庁、国会議員及び主要政党等に対して、学費値下げや奨学金の拡充などの要請を行っております。また、本調査により明らかになった大学院生の深刻な実態は、これまで、NHKや朝日新聞をはじめとした各種マスメディアでも取り上げられ、社会的に大きな反響を呼びました。

 

大学院生の奨学金借入、「500万円以上」が25%
朝日新聞 20141127朝刊

 

全国大学院生協議会まとめ 大学院生、6割が経済不安
毎日新聞2014121朝刊

 

大学院生 バイトで研究に支障
NHK
生活情報ブログ 20121130
http://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/800/139365.html

 

 学費・奨学金等の重大な問題が存在するにも関わらず、大学院生の実態に関する全国的な調査は、全院協以外では行なわれておりません。より多くの方々に回答いただき、調査の精度を高め、問題を広く社会に発信していくことの意義は今日一層高まっていると考えます。ご協力いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
 本アンケート調査で得られた情報は、以上に述べた目的以外に使用されることはありません。また、個人が特定される形で調査結果をまとめることはありません。

 

回答はこちらから行うことができます。
―――――――――――――――――――――
【アンケート回答フォームURL
https://goo.gl/R4fUHk
―――――――――――――――――――――
期限は【2018930日】です。

 

お忙しいところ恐縮ですが、ご協力よろしくお願い致します。

 

全国大学院生協議会
 〒186-0004 東京都国立市中2-1 一橋大学院生自治会室気付
 電話・FAX:042-577-5679
 E-mailzeninkyo.jimu<アット>gmail.com
 Twitter@zeninkyo
 HP :http://zeninkyo.blog.shinobi.jp/(上記アンケートのURLが開けない場合はこちらから)


09:58
2018/06/29

オーストラリアの共産圏・ポスト共産圏研究学会からの告知

Tweet ThisSend to Facebook | by russianhistory管理者1

JCREES事務局より「オーストラリアの共産圏・ポスト共産圏研究学会」からの会議参加者募集について告知が転送されてきましたので掲示いたします。
Call for papers

AustralasianAssociation for 
Communist and Post-Communist Studies 
14th Biennial Conference


31 January–1 February 2019
Griffith University, Gold Coast Australia

TheAustralasian Association for Communist and Post-Communist Studies (AACaPS)invites panel and paper proposals for the 14th Biennial Conference to be heldat the Griffith University, Gold Coast, Australia on 31 January – 1 February2019. The event will be hosted by the Griffith Business School, Griffith AsiaInstitute and co-hosted by NationalCentre for Research on Europe from University of Canterbury, New Zealand.

Theme of the conference: 30 Years sincethe Fall of the Berlin Wall. How Communism and Post-communism are tracking                         

Theyear 2019 will mark 30 years since the fall of the Berlin wall. This symbolicevent led to German unification and the collapse of communist party rule incountries of the Soviet-led Eastern bloc. Since then, the post-communistcountries of Central, Eastern and South-eastern Europe have tied theirpost-communist transition to deep integration into the West, including EUaccession. Most of these states have been able to relatively successfullytransform their previous communist political and economic systems, although thenon-Baltic post-Soviet states have generally been less successful in doing so.In contrast, communist countries in Asia, in particular China and Vietnam, havefocused their transformation on economic reforms and development while largelymaintaining communist party political dominance. 

This conference seeks to address andcompare those diverse developments in communist and post-communist countriesand their relationship with the West from various angles. The conferenceorganisers welcome papers and panel proposals from a broad range of disciplines,including but not limited to: economics and finance, political science,history, sociology and cultural studies. The geographic focus of the conferenceis broad and includes countries of the former USSR, Eastern and South EasternEurope, and Asia. Studies focusing on other regions are alsowelcome.  

 

The following thematic topics areexpected to be discussed in greater detail:

1.    Central and Eastern Europe: Challenges of EU accessionand post-accession 

2.     Russia and its role in globalaffairs.

3.     Chinaunder Xi Jinping’s leadership.

4.     Crisison the Korean Peninsula and the prospects for peace.

5.     CentralAsia and its recent developmental dynamics.    

Submission of Proposals:Please send the following to aacaps2019<アット>griffith.edu.au:1) name, 2) current institutional affiliation, 3) title/position, 4) postaladdress, 5) title of panel or paper, 6) panel description or abstract of paper(200 words or less).

 

Confirmed KeynoteSpeakers: 

Stephen E.Hanson, Lettie Pate Evans Professor of Government, William & Mary

Viktor Larin,  Professor of International Relations, RussianAcademy of Sciences, Far Eastern Branch

 

 

Deadline for proposals: 31July 2018.

 

Publications: Select paperspresented at the conference will be invited for publication in the specialjournal issues.

 

Important dates: • paneland abstract acceptance notification issued – 31 August 2018

• full draft papersubmitted to be peer-reviewed – 31 December 2018

 

Conference RegistrationFees: • Standard – A$100

Concessional - A$60(full-time students)

 

Contacts: Conference-relatedcorrespondence should be addressed to the conference convenor: Dr AlexandrAkimov, Griffith University Tel: 61 7 55528579 Fax: 61 737353719  E: aacaps2019<アット>griffith.edu.au

 
20:06
12345