ロシア史研究会
 
ロシア史研究会事務局

〒169-8050
東京都新宿区西早稲田1-6-1
早稲田大学教育・総合科学学術院
小森研究室ロシア史研究会事務局

tulbi5386@gmail.com
 
49823access

事務局からのお知らせ

Information
12345
2014/09/30new

大会につきまして

Tweet ThisSend to Facebook | by:russianhistory管理者1
大会の報告ペーパーは「大会」のページからダウンロードできます(ペーパーは、接到次第、順次アップロードいたします)

【お詫び】大会出欠確認のはがきに、誤りがありました。
(誤)10月12日⇒(正)10月18日

はがきの投函をお願いいたします。

事務局
17:38 | お知らせ
2014/09/30new

イベントのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:russianhistory管理者1
会員からの依頼により、イベント情報を掲載します(事務局)
  • ユーラシアセミナー 「ロシアとユダヤ人の相克と相互の影響」
http://www.yuken-jp.com/seminars/index.html

多数の犠牲者が出ているガザ侵攻やウクライナ危機など心穏やかならぬ出来事が続いています。

しかし、こうした現代の出来事を、感情に流されることなく冷静に考えるためには、信頼できる情報に基づいてユダヤの歴史を振り返ってみること必要ではないでしょうか。ご承知の通り、ロシア・ウクライナの歴史においても、ユダヤは重要な役割を果たしています。

そこで、ユーラシア・ブックレット『ロシアのユダヤ人-苦悩の歴史と現在』の著者である高尾千津子先生をお招きし、「ロシアとユダヤ人の相克と相互の影響」について講演して頂くことに致しました。質疑の時間もたっぷりあります。

会員、非会員を問わず、どなたでもご参加いただけます。皆様のご来場をお待ち申し上げております。

ロシアとユダヤ人の相克と相互の影響

主催ユーラシア研究所日時2014年10月11日(土)17:00-19:00(時間が延長される場合があります)参加費一般1000円、学生500円、ユーラシア研究所会員無料場所立正大学大崎キャンパス11号館5階1151教室 (JR大崎駅・五反田駅より徒歩5分)山手通りからエレベータで直接上がれます。http://www.ris.ac.jp/access/shinagawa/index.html講師高尾千津子(東京医科歯科大学教授)
主な著書:『ソ連農業集団化の原点-ソヴィエト体制とアメリカユダヤ人』彩流社、2006年) 『ロシアのユダヤ人-苦悩の歴史と現在』東洋書店、2014年お申込み会員、非会員を問わず、どなたでもご参加いただけます。皆様のご来場をお待ち申し上げております。参加ご希望の方は、御芳名、御所属、御連絡先をご記入の上、 yuken@t3.rim.or.jpまでお申し込みください。


 
 
 

17:30 | お知らせ
2014/09/10

お知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:russianhistory管理者1

平成26年度の専門調査員の秋募集について、お知らせが来ています。
ご関心のある方は、国際交流サービス協会のホームページでご確認ください。
http://www.ihcsa.or.jp/zaigaikoukan/sencho-1/
09:21 | お知らせ
2014/09/01

例会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:russianhistory管理者1
ロシア史研究会9月例会のお知らせ

下記の要領にて例会を開催いたしますので、ふるってご参加ください。

日時:2014年9月20日(土)午後3時より

題目:「19世紀前半におけるオレンブルクのカザフ統治: 内オルダ・カザフとオレンブルク・カザフに対する帝国政策の比較を中心に」

報告者:長沼秀幸(東京大学・院)

場所:青山学院女子短大本館2階小会議室
青山キャンパス構内配置図↓
http://www.aoyamagakuin.jp/access/campusmap.html#map01

お問い合わせは例会担当の河本(k_kawamoto@nifty.com)までお願いいたします。また、例会での報告を希望される方も是非ご連絡ください。

06:03 | お知らせ
2014/08/16

2014年度大会

Tweet ThisSend to Facebook | by:russianhistory管理者1
<大会>のページに2014年度大会プログラムを掲載しました(事務局)
08:40 | お知らせ
12345