ロシア史研究会
 
ロシア史研究会事務局

〒169-8050
東京都新宿区西早稲田1-6-1
早稲田大学教育・総合科学学術院
小森研究室ロシア史研究会事務局

tulbi5386@gmail.com
 
73176access

事務局からのお知らせ

Information
12345
2015/04/29

ボランティア募集

Tweet ThisSend to Facebook | by:russianhistory管理者1
本年8月に幕張で開催されるICCEES世界大会では、ボランティアを募集しています。
詳しくは、添付ファイルまたは、
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/makuhari2015/japanese_volunteer.html
をご覧ください。

添付ファイル:ボランティア募集要項.docx
12:07 | お知らせ
2015/04/24

イベントのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:russianhistory管理者1
会員からの依頼により、以下の情報を掲載します。(事務局)
*********************
27回ユーラシア研究所総合シンポジウム
&ユーラシアブックレット200号記念祝賀会
「戦争の記憶と現在-ロシアからの視点」

http://www.yuken-jp.com/seminars/index.html

 

 19458月、日本は、無条件降伏を求める米英中のポツダム宣言を受託し、ソ連は対日宣戦とともにポツダム宣言に参加した。それから70年、歴史研究や教育などを通じて、それぞれの国で様々な形で「戦争の記憶」が語り継がれてきた。

 しかし、今日、世界各地で「戦争の記憶」を問う出来事が噴出している。「イスラム国」の台頭、ウクライナ危機を契機とするクリミアのロシア併合、領土と歴史認識をめぐる日本・中国・韓国の対立・・・、日ロ間には領土問題が横たわっている。つまり、「戦争の記憶」は、現代を知り、未来について考えるキーワードなのである。そこで、第27回ユーラシア研究所総合シンポジウムでは、「戦争の記憶と現代-ロシアの視点」というテーマを掲げ、専門家とともに考えることとした。


主催

ユーラシア研究所

日時

2015530()シンポジウム 13:30~18:00

13:30

開場 司会:広岡直子(東京外国語大学非常勤講師)

13:30~13:40

小森田秋夫(ユーラシア研究所長:挨拶)

13:40~14:20

木畑 洋一(成城大学教授)「ヨーロッパとアジアの第二次世界大戦」

14:20~15:00

立石洋子(北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター研究員)代ロシアの歴史教科書と第二次世界大戦の記憶

15:00~15:20

休憩

15:20~16:00

澤野由紀子(聖心女子大学教授「戦争の記憶を伝える―ロシアの学校教育の現場から」

16:00~16:15

コメント グリゴリー・ミソチコ(筑波大学大学院 人間総合科学研究科 教育基礎学専攻 博士後期課程)

16:15~16:30

コメント 齋藤治子(東京ロシア語学院理事長)

16:40~17:00

休憩

17:00~17:55

一般質疑とパネルディスカッション

17:55~18:00

蓮見雄(ユーラシア研究所事務局長:挨拶)

19:00~21:00

ユーラシアブックレット200号記念懇親会を予定しています。
*
一部プログラムが変更されることがあります。

参加費

ユーラシア研究所会員(無料一般(1,000学生(500聖心女子大学教職員・学生(無料)

祝賀会参加費

5,000(事前申し込み)6,000(当日参加)
会場の都合により、当日参加が難しい場合もありますので、できるだけ事前申し込みをお願いします。ユーラシアブックレット200号記念祝賀会は、同日19:00-21:00を予定しています。

場所

聖心女子大学宮代ホールhttp://www.u-sacred-heart.ac.jp/access/

お申し込み

メールフォーム

 

に必要事項をご記入の上、内容欄にユーラシアブックレット200号記念祝賀会参加の申し込みの有無を記入の上、お申し込みください。


02:24 | お知らせ
2015/04/12

イベントのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:russianhistory管理者1
東欧史研究会より大会のお知らせがありましたので、掲載いたします。(事務局)
*******************

東欧史研究会は、本会設立40周年の節目にあたる今年度大会を、
「東欧史におけるネットワーク」をテーマに開催いたします。

近年、西欧史の領域において、グローバルヒストリーの台頭を背景として、ネットワークに関する研究が進んでいますが、東欧史研究会が対象とする欧州東部地域においても、人・金・モノ・情報が相互に行き交う持続的なネットワーク・システムの形成・発展を確認することができます。そういったネットワークの多くは、欧州内外の他地域から隔てられた、すなわち東欧地域内で閉じたものではなかったはずです。隣接地域を研究される皆様にご参集頂くことで、本大会が、広域的かつ多様な関係性のなかで「東欧」という歴史的枠組みを問い直す契機となることを願っています。




東欧史研究会2015年度大会「東欧史におけるネットワーク」
報告タイトル:
薩摩秀登氏(明治大学)

「学芸で結ばれた人たち―初期近世の人文主義者たちと東欧諸国―
秋山晋吾氏(一橋大学)

「近世東欧の交易ネットワークとその担い手たち―18世紀ハンガリーのバルカン商人―」
野村真理氏(金沢大学)

「ユダヤ人ネットワークの実像と虚像―世界イスラエル連合から『シオンの賢者の議定書』へ―」
コメント:山本明代氏(名古屋市立大学)

2015年4月25日(土)13時半より(開場は13時頃を予定)
大正大学 西巣鴨校舎 5号館5階551教室
〒170-8470 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
(JR埼京線 板橋駅 徒歩10分、都営三田線 西巣鴨駅 徒歩2分)
アクセスマップ:http://www.tais.ac.jp/other/access_map/access_map.html
キャンパスマップ:http://www.tais.ac.jp/other/campus_map/campus_map.html

ポスター東欧史研究会大会.pdf

東欧史研究会ウェブサイト:
https://sites.google.com/site/tououshi/
13:46 | お知らせ
2015/03/02

小澤治子先生を偲ぶ会につきまして

Tweet ThisSend to Facebook | by:russianhistory管理者1
新潟国際情報大学の神長さんより、以下のお知らせがありました。
(事務局)
***********
12月1日に亡くなった、新潟国際情報大学の小澤治子先生(ロシア史研会員/
ロシア・東欧学会理事)を偲ぶ会を3月18日水曜夜に新潟駅近くで開催します。

新潟国際情報大学の教員有志によるささやかな会ですが、ロシア研究者で小澤先
生を知るみなさまの参加もお待ち申し上げております。

会の詳細は追ってお知らせします。
参加をご希望の方は私、神長までご一報いただければ幸いです。

以上、どうぞよろしくお願い申し上げます。


15:55 | お知らせ
2015/02/07

イベントのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:russianhistory管理者1
会員からの依頼により、以下の情報を掲載します(事務局)
********************
ワークショップ開催のお知らせ

3月10日・11日(火・水)に、埼玉大学東京ステーションカレッジにおいて
以下の公開ワークショップを開催いたします。

領域横断的な試みですが、ご興味のある発表一本だけの聴講でも
歓迎いたしますので、どなたでも自由にご参加ください。

事前申し込みは不要ですが、1日目の懇親会にご参加される方は、
前日お昼すぎまでに鶴見までご連絡ください。

<基本情報>
ワークショップタイトル:
〈間にあるもの〉の現代史―ロシア・中東・東アジアにおける仲介人と境界人
日時:3月10日(火)・11日(水)
場所:埼玉大学東京ステーションカレッジ会議室A
(東京駅日本橋口至近サピアタワー9階;3階のオフィス用エントランス
のワークショップ受付で、入館カードをお受け取りください)
主催:埼玉大学研究機構
共催:新潟大学研究推進機構


詳細は以下のサイトからご覧いただけます。

http://park.saitama-u.ac.jp/~tsurumitaro/aida.html


00:57 | お知らせ
12345