ロシア史研究会
 
ロシア史研究会事務局

〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻
鶴見研究室気付

taro_tsurumi/あっと/yahoo.co.jp
(/あっと/を@に変換してください)
 
101592access

事務局からのお知らせ

Information
12345
2016/05/22new

中東欧・ロシア・ユダヤ史に関するシンポジウムのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by russianhistory管理者1

シンポジウム「ユダヤ人と自治――中東欧・ロシアにおけるディアスポラ共同体の興亡」

------------------------------------------------------------------------------------------

【日時】

2016611日(土):14:0018:3012日(日):9:30-18:30 (11thand 12th of June, 2016)

 

【場所】専修大学神田キャンパス2号館204号室 (Senshu University, Kanda Campus,

Tokyo)http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/campus.html…

 

【アクセス】http://www.senshu-u.ac.jp/…/profile/access/kanda_campus.html

 

(無料/事前申し込み不要)


--------------------------------------------------------------------------------------------

【プログラム】

 

《11日(土)》

 

開会の辞14:0014:10

 

Ⅰ.共同体の再編と「異端」論争(14:1016:10

 

「「ユダヤ自治」の現実性と潜在性――「四邦評議会」末期の活動から」(向井直己)

 

②「後期シャブタイ派とユダヤ人社会の分断」(山本伸一)

 

Ⅱ.近代ドイツにおけるユダヤ法と反ユダヤ主義(16:3018:30

 

③「世俗法と宗教法のあいだ――メンデルスゾーンの儀礼法理解を中心に」(後藤正英)

 

④「ユダヤ法研究と反ユダヤ主義――ヴェルナー・ゾンバルトを例に」(恒木健太郎)

 

-----------------------

《12日(日)》

 

. ロシア・ユダヤ人の生成と変容(9:3012:30

 

⑤「帝政ロシアとユダヤ人自治機構(カハル)」(高尾千津子)

 

⑥「自伝と自律――ユダヤ啓蒙主義からヘブライ文化ルネサンスへ」(赤尾光春)

 

⑦「自律と他律の間――帝国崩壊後のロシア・ユダヤ人」(鶴見太郎)

 

Ⅳ.文化自治の模索と破局(13:3016:30

 

⑧「文化自治の最後の灯火――戦間期ポーランドのユダヤ人学校」

(西村木綿)

 

⑨「リンゲルブルムとポーランド・ユダヤ史」(宮崎悠)

 

⑩「正義と不正義の境界――ナチ支配下ウィーンのユダヤ・ゲマインデ」(野村真理)

 

-----------------------------------------------------------

*特別講演(16:4517:45)英語(通訳なし)

 

Soviet Yiddish Literature as an Amplifierof Soviet Jewish

'Statehood'': Mythopoesis and Politics”(BerKotlerman)

 

「ソビエト・ユダヤ「国家/州」の増幅器としてのソ連イディッシュ文学――神話形成とポリティクス」(ベル・コトレルマン)


22:52
2016/05/22new

日本ユダヤ学会例会(ロシア関連)のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by russianhistory管理者1
「ロシア系ユダヤ人」の現在

日時 5月28日(土) 14:00-17:50
会場 学習院女子大学 2号館 235教室
※本年度より学会の拠点が学習院女子大学に移転しました。

概要:ソ連崩壊から四半世紀を経て、「ロシア系ユダヤ人」を取り巻く状況はいかに変化したのだろうか。ロシアとイスラエルの現状に焦点をあて、錯綜する〈ロシア系ユダヤ人の現在〉を考える。

14:00-14:10 趣旨説明:鶴見太郎(東京大学大学院総合文化研究科准教授)

14:10-14:50 高尾千津子(東京医科歯科大学教養部教授)
「変容するロシア・ユダヤ人の歴史像――<ユダヤ博物館>にみるユダヤ人の歴史と記憶」

14:50-15:30 赤尾光春(大阪大学文学研究科招聘研究員)
「プーチン、オリガルヒ(新興財閥)、「宮廷ラビ」――ソ連崩壊後のロシア政治におけるユダヤ・ファクターの変遷」

15:30-16:10 鶴見太郎
「イスラエルの旧ソ連系ユダヤ人と政治社会」

16:10-16:30 休憩
16:30-17:50 討議

司会 野村真理(金沢大学人間社会研究域教授)


22:49
2016/05/16

ロシア史研究会6月例会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by russianhistory管理者1

下記の要領にて例会を開催いたしますので、ふるってご参加ください。

 

日時:64日(土)15時から

報告者:ディリャラ・ウスマノヴァ(カザン連邦大学教授)

題目:

Мусульманские депутатывГосударственнойдуме (1906 - 1916):

опыт функционированиянационально-конфессиональнойгруппывимперскомполитическомпространстве

使用言語:ロシア語・通訳なし

 

場所:東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム4

(目黒区駒場3-8-1

最寄り駅は京王井の頭線「駒場東大前」駅です。駒場アクセスマップ

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map02_02_j.html

および駒場キャンパスマップ

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html

をご参照ください。

18号館は、正門から入って、時計台の向こう側に見える白くて新しい駒場で一番

背の高い建物です。当日は土曜日のため、18号館は施錠されています。15

までにおいでの場合、入り口で委員がご案内します。15時以降に来られた

方は、入り口の電話で内線48763をダイヤルするか、外線から03-5465-8763

に電話をして会議室を呼び出してください。

 

報告者のウスマノヴァ教授の経歴は

http://kpfu.ru/Dilyara.Usmanova

業績は

http://kpfu.ru/main?p_id=10593&p_lang=&p_type=9&p_pub_type=19

でご覧いただけます。

 

お問い合わせは例会担当の鈴木(ysuzuki/アット/tufs.ac.jp)までお願いいたします

また、例会での報告を希望される方も是非ご連絡ください。


22:17 | お知らせ
2016/05/16

外務省専門調査員募集のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by russianhistory管理者1
外務省より当会宛に専門調査員の募集情報が送られてきましたので、関連サイトのリンクをお知らせいたします。ロシア、リトアニア、ベラルーシ等の大使館が今年度募集しています。

http://www.ihcsa.or.jp/zaigaikoukan/zaigaikoukansencho-01/
22:16 | お知らせ
2016/04/18

ロシア思想史研究会4月例会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by russianhistory管理者1

ロシア思想史研究会より以下のご案内をいただきました。

-----

各位

ロシア思想史研究会4月例会は下記の通り行われます。

 

日時:2016423日(土) 15:00-17:00
場所:早稲田大学戸山キャンパス(文学部)31号館3307教室
報告題目:「ロシア革命から国家独立へ、連帯運動に至る歴史思想をたどる‐W.Sukiennicki,J.Bardach, Cz.Miłosz, J.Giedroyc‐」
報告者:早坂眞理

 

皆様奮ってご参加下さい。


09:45 | お知らせ
12345