ロシア・東欧学会
 

学会事務局

問い合わせ先
事務局長 五十嵐徳子(天理大学)
632-0032
奈良県天理市杣之内町1050
天理大学国際学部
五十嵐徳子研究室気付
E-mail:jarees_office[a]yahoo.co.jp
   [a]を@に変更してください。

年会費振込先
ゆうちょ銀行
 加入者名:ロシア・東欧学会
  郵便局での払込
   00150-8-0177731
  他行からの送金
   019店 当座0177731
 
 
 

会議

会議
1234
2017/03/15

2016年度第3回理事会

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
                                 2016年度第3回理事会
日  時:2017年2月26日(日)14:00~16:00
場  所:京都大学経済研究所 本館会議室
議  事:
1.編集委員(杉浦編集委員長)
(1)会誌第45号(2016年版)の編集状況が報告された。

(2)研究奨励賞の候補論文は選考中との報告がされた。

(3)研究奨励賞の選考委員として、委員長:上垣彰理事(西南学院大学)、委員:宇山智彦理事(北海道大学)、堀江典生理事(富山大学)、廣瀬陽子理事(慶応大学)、浜由樹子理事(津田塾大学)が選任された。

2.事務局報告(五十嵐事務局長)

(1)年会費の督促について報告された。

(2)2016年度中間決算について報告された。

(3)退会者が承認された。

(4)入会者2名が承認された。
3.2016年度研究大会の会計報告が林理事より行われた。
4.2017年度研究大会が10月21日(土)、22日(日)に一橋大学で開催することが承認され、開催校の雲理事から報告された。
(1)JCREES報告

  2017年には、4学会合同大会は実施しないとの報告があった。

(2)共通論題テーマの形式は例年通り研究報告とパネル・ディスカッションということが承認された。
(3)共通論題のテーマとして「トランプ現象とロシア・東欧地域」(仮題)が承認され、企画委員として、下斗米理事、岩崎理事、服部理事、ヨコタ村上理事、吉井理事が選任された。
5.JSEESSとの統合については、吉井合同委員長から説明があり、継続協議することを確認した。
6.サマーセミナーを北大で開催し若手研究者への補助をすることが承認された。
17:57 | 理事会
2016/10/31

2016年度第2回理事会、総会

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
                2016年度第2回理事会
日  時:2016年10月29日(土)12:30~14:00
場  所:京都女子大学C505教室
議  事:
1.事務局
(1)兵頭副代表理事(防衛研究所)より、ニューズレター(第33号)および会員名簿(3年に1度)の発行が報告された。
(2)藤本会計監事(大阪経済法科大学)より、2015年度の会計業務および財産状況を厳正に監査した結果、いずれも問題ないことが報告された。
(3)入会希望者(2名)、退会希望者(3名)が承認され、退会希望者のうち1名に関しては慰留することが確認された。

2.会誌編集委員会

 杉浦編集委員長(帝京大学)より、学会誌『ロシア・東欧研究』第44号(2015年版)の発行および次号の編集状況が報告された。

3.研究奨励賞

 袴田選考委員長(新潟県立大学)より、本年度は受賞者なしとの選考委員会の審査結果が報告され、了承された。

4.2017年研究大会

 4学会合同大会に合わせて、10月14日(土)、15日(日)に都内で開催する方針が了承され、速やかに大会開催校を決定することが確認された。
5.JSSEESとの統合
 吉井統合検討委員長より、これまでの検討状況について報告があり、合併当初はJSSEES側の学会誌(英文、露文)を現行のまま発行するが、数年後には発行形態を見直すという条件において、今後JSSEES側との統合協議を進めていくことが了承された。

6.その他

 田畑理事よりJCREESについて、羽場理事より学術会議について、それぞれの活動について報告があった。

 

                    2016年度総会
日  時:2016年10月29日(土)16:30~17:00
場  所:京都女子大学C501教室
議  事:

1.予算・決算、会計監査

(1)会計担当である藤原理事(大阪大学)より、2015年度決算が報告され、承認された。

(2)藤本会計監事(大阪経済法科大学)より、2015年度の会計業務および財産状況を厳正に監査した結果、いずれも問題ないことが報告された。

(3)藤原理事(大阪大学)より、2016年度予算案が報告され、承認された。

2.会誌編集委員会

 杉浦編集委員長(帝京大学)より、学会誌『ロシア・東欧研究』第44号(2015年版)の発行および次号の編集状況が報告された。
3.研究奨励賞
 袴田選考委員長(新潟県立大学)より、本年度は受賞者なしとの選考委員会の審査結果が報告された。
4.2017年研究大会
 4学会合同大会に合わせて、10月14日(土)、15日(日)に都内で開催する予定であり、大会開催校が決まり次第、HP上で告知することが報告された。
5.JSSEESとの統合
 吉井統合検討委員長より、これまでの検討状況が報告され、2017年の総会決議に向けて、引き続き、検討を進めていくことが確認された。 
14:16 | 理事会
2016/07/29

2016年度第1回理事会

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
              2016年度第1回理事会議事録 

日  時:2016年7月16日(土)14:00~16:00

場  所:京都大学経済研究所 本館会議室
出席者(敬称略):五十嵐徳子、岩崎一郎、宇山智彦、雲和広、志摩園子、下斗米伸夫、杉浦史和、田畑伸一郎、角田安正、富山栄子、中村唯史、袴田茂樹、蓮見雄、羽場久美子、林忠行、兵頭慎治、藤原克美、堀江典生、溝端佐登史、六鹿茂夫、望月哲男、ヨコタ村上孝之、吉井昌彦

1.会誌編集報告(杉浦編集委員長、帝京大学)
(1)会誌第44号(2015年版)の発行が報告された。

(2)会誌第45号(2016年版)の書評について報告された。
(3)研究奨励賞の審査状況が、袴田選考委員長より報告された。
2.事務局報告(五十嵐事務局長、天理大学)
(1)ニューズレター第32号の発行及び年会費の納入案内送付が報告された。
(2)2015年度決算が、藤原事務局会計担当より報告され、承認された。
(3)2015年度会監査報告が、藤原事務局会計担当より報告され、承認された。
(4)2016年度予算案が、藤原事務局会計担当より提示された。
(5)入会希望者(6名)と退会希望者2名が承認された。
3.2016年度研究大会 

(1)大会開催校の林理事より、会場の準備状況が報告された。
(2)五十嵐事務局長より、プログラム案が報告された。 

(3)蓮見企画委員長より、共通論題企画案が報告された。

(4)五十嵐事務局長より自由論題報告の応募状況が報告され、討論者案が検討された。 
 4. JSSEESとの合同(溝端代表理事) 合同を前提としないワーキンググループを設置して意見交換することが決まった。 

5.その他
 若手科学者ネットワークへの参加について、溝端代表理事より報告があり、承認された。  
 若手を中心にした国際シンポやセミナ―の開催と補助について、溝端代表理事より説明があり、承認された。
 上野理事より、理事辞任の申し出があり承認された。


14:22 | 理事会
2016/03/03

2015年度 総会、第2回理事会

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
              理事選挙当選者会合
日  時:2015年11月20日(金)18:00~19:00
場  所:上智大学2号館509教室
議  事:
 理事選挙の当選者による会合が開かれ、選挙で一定以上得票された方(上位50名)を対象として、専門分野、性別、地域、年代、学会活動などを総合的に考慮して、追加の理事および会計監事が選出された。

               2015年度総会1

日  時:2015年11月21日(土)12:10~12:40

場  所:上智大学11号館704教室
議  事:

1.予算・決算の承認

(1)2014年度決算に関し、兵頭事務局長(防衛研究所)より、当初予算に比べて支出減になったことが報告され、了承された。
(2)2014年度会計監事から、2014年度の会計業務および財産状況を厳正に監査した結果、いずれも問題ないことが書面により報告された。
(3)2015年度予算案が承認された。
2.会誌編集委員会
 角田編集委員長(防衛大学校)より、学会誌『ロシア・東欧研究』の編集状況が報告された。
3.新理事(任期:2015年11月から2018年10月)の承認
 吉井選挙管理委員長(神戸大学)より、理事選挙および当選者会合において選出された新理事が紹介され、新理事が承認された。
(1)理事選挙において当選した理事(敬称略、五十音順)
 五十嵐徳子(天理大学)、上垣彰(西南学院大学)、上野俊彦(上智大学)、宇山智彦(北海道大学)、大串敦(慶應義塾大学)、小森田秋夫(神奈川大学)、下斗米伸夫(法政大学)、田畑伸一郎(北海道大学)、角田安正(防衛大学校)、沼野充義(東京大学)、袴田茂樹(新潟県立大学)、羽場久美子(青山学院大学)、林忠行(京都女子大学)、兵頭慎治(防衛研究所)、廣瀬陽子(慶應義塾大学)、溝端佐登史(京都大学)、ヨコタ村上孝之(大阪大学)、横手慎二(慶應義塾大学)、吉井昌彦(神戸大学)
(2)当選者会合により選出された理事(敬称略、五十音順)
 家本博一(名古屋学院大学)、池田嘉郎(東京大学)、岩崎一郎(一橋大学)、雲和広(一橋大学)、柴宜弘(城西国際大学)、志摩園子(昭和女子大学)、杉浦史和(帝京大学)、月村太郎(同志社大学)、徳永昌弘(関西大学)、富山栄子(事業創造大学院大学)、中村唯史(京都大学)、蓮見雄(立正大学)、服部倫卓(ロシアNIS貿易会)、浜由樹子(津田塾大学)、堀江典生(富山大学)、藤原克美(大阪大学)、三谷惠子(東京大学)、道上真有(新潟大学)、六鹿茂夫(静岡県立大学)、村田真一(上智大学)、望月哲男(北海道大学)

(3)当選者会合により選出された会計監事(敬称略、五十音順)

 伊東孝之(元早稲田大学)、藤本和貴夫(大阪経済法科大学)

 

              2015年度第2回理事会
日  時:2015年11月21日(土)12:40~14:00
場  所:上智大学11号館719教室
議  事:

1.会誌編集委員会報告(角田編集委員長、防衛大学校)

 学会誌の編集状況が報告された。
2.事務局報告(兵頭事務局長、防衛研究所)
(1)ニューズレター(第31号)の発行が報告された。

(2)入会希望者(2名)、退会希望者(4名)が承認された。

3.研究奨励賞

 志摩選考委員長(昭和女子大学)より、選考委員会の審査結果が報告され、承認された。
4.2016年研究大会
 4学会合同大会が実施されない場合は、JSSEES側が西日本にて大会開催校を選出することとなり、その場合には10月29(土)・30日(日)に京都女子大学(担当林忠行理事)で開催し、従来通りのプログラム(共通論題、自由論題、JSSEESシンポジウム)で実施することが承認された。
5.新執行部の選任
 新理事による互選により、溝端佐登史代表理事、兵頭慎治副代表理事、五十嵐徳子事務局長が選任された。

6.役員の選任

 JCREES学会担当に溝端佐登史代表理事が、日本学術会議学会代表及び地域連絡協議会(JACASA)学会代表に羽場久美子理事が選任された。会誌編集委員長を含む、その他の委員・役員については、次期理事会にて選任されることとなった。

 

                2015年度総会2
日  時:2015年11月21日(土)16:35~16:45
場  所:上智大学11号館704教室
議  事:
1.2016年の研究大会
 4学会合同大会が実施されない場合は、JSSEES側が西日本にて大会開催校を選出することとなり、その場合10月29(土)・30日(日)に京都女子大学で実施する旨報告された。
2.新執行部の承認
 溝端佐登史代表理事、兵頭慎治副代表理事、五十嵐徳子事務局長の就任が承認された。
3.研究奨励賞
  志摩選考委員長より、選考委員会の審査結果として、長谷川雄之会員(東北大学大学院)に研究奨励賞を授与することが報告された。上野代表理事より、長谷川会員に賞状および副賞(5万円)が授与された。
09:46
2016/03/03

2015年度第3回理事会

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
                     2015年度第3回理事会

 

日  時:2016年2月28日(日)14:00~16:00

場  所:京都大学経済研究所 本館会議室
出席者(敬称略):五十嵐徳子、上野俊彦、宇山智彦、雲和広、下斗米伸夫、杉浦史和、田畑伸一郎、角田安正、富山栄子、中村唯史、袴田茂樹、蓮見雄、浜由樹子、林忠行、兵頭慎治、藤原克美、溝端佐登史、三谷惠子、ヨコタ村上孝之、吉井昌彦1.各種担当・委員の選任(任期2012年10月~2015年10月)(1)日本ロシア・東欧研究連絡協議会(JCREES)の担当として、溝端佐登史代表理事の選任が承認された。

(2)日本学術会議および地域研究学会連絡協議会(JCASA)の担当として、羽場久美子理事(青山学院大学)の留任が承認された。

(3)国際交流委員、広報委員は今後の活動方針が定まっていないために今回は選出せず、活動方針が確定したのち選出ということで承認された。

(4)ホームページ担当として、兵頭慎治副代表理事の選任が承認された。

(5)事務局のサポート体制強化のため、藤原克美理事、および林裕明会員、伏田寛範会員を事務局に配置することが承認された。
2.会誌編集委員会報告(角田編集委員長、防衛大学校)

(1)新しい編集委員として、杉浦史和理事(帝京大学、委員長)、角田安正理事(防衛大学校、副委員長)、吉井昌彦理事(神戸大学)、大串敦理事(慶應義塾大学)、中村唯史会員(京都大学)、前田弘毅会員(首都大学東京)、黛秋津会員(東京大学)、松本かおり会員(神戸国際大学)、黒岩幸子会員(岩手県立大学)が選任された。

(2)会誌第44号(2015年版)の編集状況が報告された。
(3)研究奨励賞の候補論文が了承された。

(4)研究奨励賞の選考委員として、上野俊彦理事(上智大学)、林忠行理事(京都女子大学)、田畑伸一郎理事(北海道大学)、蓮見雄理事(立正大学)、ヨコタ村上孝之理事(大阪大学)が選任された。

注:その後、上野理事より委員辞退の申し出があったため、袴田茂樹理事が委員として選任される(3月9日に理事会のメール審議により承認)。

3.事務局報告(五十嵐事務局長、天理大学)
(1)年会費の督促について報告された。

(2)2015年度中間決算について報告された。

(3)若手研究者奨励基金を継続することが承認された。
(4)会員名簿の発行について報告された。
(5)退会者が承認された。
(6)入会者2名が承認された。 

4.2015年度研究大会の会計報告が上野理事より行われた。

5.2016年研究大会について開催校の林理事から報告された。
(1)JCREES報告
  2016年は、4年度に1度の4学会合同の年であるが、2015年度にICEESS世界大会も幕張で開催されたため、4学会合同大会は実施しないとの報告があった。
(2)準備状況について説明があった。秋の観光シーズンにあたるため、宿泊施設予約を、早目に手配することをウェブ等で周知することが確認された。
(3)共通論題テーマの形式は例年通り研究報告とパネル・ディスカッションということが承認された。
(4)共通論題のテーマとして「ロシア・東欧をめぐるパワー・トラジッション」(仮題)が承認され、企画委員として、雲和広理事、蓮見雄理事、林忠行理事、宇山智彦理事、上野俊彦理事が選任された。

6.その他

 JSEESSとの統合については、溝端代表理事、林理事から説明があり、継続協議することを確認した。
08:37 | 理事会
1234