ロシア・東欧学会
 

学会事務局

問い合わせ先
事務局長 五十嵐徳子(天理大学)
632-0032
 奈良県天理市杣之内町1050
 天理大学国際学部
 五十嵐徳子研究室気付
E-mail:jarees_office[a]yahoo.co.jp
   [a]を@に変更してください。

年会費振込先
ゆうちょ銀行
 加入者名:ロシア・東欧学会
  郵便局での払込
   00150-8-0177731
  他行からの送金
   019店 当座0177731
 
 
 

携帯用QRコード

 

ホームページ内の検索

IMAGINE Book Search

オンラインユーザー27人
310116

新しい「ロシア・東欧学会」のスタート

 ロシア・東欧学会は、日本におけるロシア、スラブ、東欧地域研究の更なる発展を期し、本年4月1日をもって、日本スラブ東欧学会(JSSEES)と合同し、新しい「ロシア・東欧学会」をスタートさせています。会誌を中心に、合同の手続きとしてなお残された作業も存在しますが、これまでの両学会の協力関係の経験を糧にして、ひとつのまとまりのある学会としてこれまで以上に高い目標・成果を目指して活動していきたいと考えています。とくに、研究領域や会誌刊行などで、それぞれの学会が持っていた比較優位の個性がより高い水準で結びつくことを切に願っています。
 新たに会員になられた方々を歓迎するとともに、すべての会員の皆様には新しい「ロシア・東欧学会」のスタートに際し、これまでの以上に学会へのご協力・ご貢献を心からお願い申し上げます。

溝端代表理事

 

2018年度研究大会 10月20日(土)・21日(日)に神戸大学にて開催

 2018年度の研究大会は、JSSEESとの合同後初めての大会となり、10月20日(土)・21日(日)に神戸大学(神戸市灘区)にて開催されます。共通論題のテーマは、「ロシア・東欧における国のかたちとネーションのゆくえ(仮)」です。自由論題報告を募集しています。自由論題で報告する若手研究者には旅費等が支給されます。締め切りは6月末です。詳しくは、お知らせの欄をご参照ください。
 

学会誌『ロシア・東欧研究』投稿募集中


 JSSEESとの統合により、従来からの『ロシア・東欧研究』に加え『Japanese Slavic and East European Studies』(欧文雑誌)への論文、研究ノート、書評の原稿を募集しています。例年、応募締切りは9月15日、原稿提出期限は11月末日です。研究大会における自由論題報告者のみならず、多くの会員の皆様からのご投稿をお待ちしております。また、投稿時点において40歳未満の方は、自動的に研究者奨励賞(賞状、副賞5万円)の選考対象となります。

次号の学会誌に掲載予定の書評
書評(小森宏美):月村太郎編『解体後のユーゴスラヴィア』.pdf
書評(宮川絹代):沼野充義著『チェーホフ―七分の絶望と三分の希望』.pdf
書評(吉井昌彦):六鹿茂夫編『黒海地域の国際関係』.pdf
書評(山添博史):チャールズ・キング著『黒海の歴史』.pdf
書評(土田陽介):小山洋司著『EUの危機と再生―中東欧小国の視点』.pdf
書評(兵頭慎治):小泉直美著『ポスト冷戦期におけるロシアの安全保障外交』.pdf

学会誌の電子ジャーナル化

 最新号を除き、バックナンバーは、1972年の創刊号からJ-STAGEにて電子ジャーナル化されております。詳しくは、学会誌の電子ジャーナルをご参照ください。
 
お知らせ
12345
2018/06/04

自由論題報告の募集

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
 2018年の研究大会は、JSSEESとの合同後初めての大会で、10月20日(土)・21日(日)に神戸大学にて開催されます。
 自由論題報告を希望される会員は、①氏名、②住所、③電話番号、④所属、⑤報告タイトル、⑥報告要旨(約400 字)を6 月30 日(必着)までに学会事務局へ、学会ウェブサイトのお問い合わせフォームまたはメールでお知らせ下さい。なお、応募者多数の場合は、理事会にて人数調整を行う場合があります。
 自由論題報告を行う若手会員への旅費等の助成は、5 万円を上限として、交通費、宿泊費、懇親会費などが助成の対象となり、飛行機を利用したパック旅行も適用されます。院生はもとより、専任・常勤職を持たない若手会員も対象となります。また、2017 年度以前に助成を受けた方も再応募は可能ですが、2018~2020 年度の間の利用は一回のみとなります。多くの若手会員の皆様のご利用をお待ちしております。
17:15 | 研究大会
2018/06/04

理事選挙のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
理事選挙に関するお知らせ

 本年は3年に一度の理事選挙の年にあたり、今秋には新しい理事と執行部が選出されます。つきましては、投票用紙が6月に送付されますので、皆様のご投票をお願い申し上げます。
 役員選出規程により、選挙権及び被選挙権を有するのは、本年3月末日までに前年度までの年会費を納めた個人会員(休会者、住所不明者、仮入会者を除く)となります。また、大学院生には被選挙権はありません。開票作業は、7月28日(土)に京都大学にて、選挙管理委員会により厳正に実施されます。なお、選挙結果は、選挙管理委員会が理事会に報告後、学会ウェブサイトにおいて公示いたします。

 

投 票 方 法
1.投票用紙において、理事としてふさわしいと思われる10名以内の氏名に○印をつけてください。
2.学会印の押印のないもの、複製コピーしたもの、11人以上に印をつけた投票用紙は、全て無効となります。インク式の筆記用具(鉛筆、消せるボールペンは不可)を使用してください。訂正する場合は、訂正印を押してください。
3.秘密投票を確保するため、内封筒に投票用紙を厳封してください。内封筒には何も記入せず、返信用封筒に入れてご返送ください。開票時には、返信用封筒と内封筒は完全に分離して取り扱われます。恐れ入りますが、返信用封筒に82円切手をお貼りください。7月27日(金)必着分まで有効です。
4.選挙終了後、一定の期間を経た上で、投票用紙は適切に処分されます。なお、投票を棄権される場合は、各人の責任において投票用紙を破棄してください。

 

**********************************************************
投票用紙送付先〒606-8501 京都市左京区吉田本町
           京都大学経済研究所 溝端佐登史研究室

**********************************************************


10:17 | 事務局から
2018/06/04

海外派遣支援事業

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
北極域研究推進プロジェクト(ArCS)の若手研究者海外派遣支援事業追加募集

 

北極域研究推進プロジェクト(ArCS)では、若手研究者海外派遣支援事業平成30年度募集について追加募集を受け付けています。 この事業では、若手研究者・実務者を最大1年間の期間で海外の大学・研究機関等に派遣し、北極に関する研究活動を支援します。また、大学院生・実務者限定で、海外で開催される2週間以内の国際会議・コース等の参加の支援も実施しています。応募締切は6月13日(水)、派遣開始時期は7月下旬以降となっています。詳しい募集要項は下記のリンクをご参照ください。

https://www.arcs-pro.jp/project/capacity/essential.html


10:08 | その他
2018/06/04

JCREES出版助成

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局

2018年5月7日

JCREESによる出版補助について

 

JCREES幕張大会の余剰金を原資として、同大会報告を基礎とする図書出版について、以下の要領で補助金を支給することにします。

 

1.  図書はICCEES幕張大会報告を基礎として英文で出版される図書とする。
2.  すでに出版計画があり、出版を前提とする原稿の作成や編集が一定程度、進行していること。
3.  補助の対象は英文校正にかかる費用の一部分とする。
4.  補助金は全体で100万円程度とし、その範囲で審査のうえ、配分する。
5.  申請は5月末までとし、審査はJCREESの幹事会で行う。

 

申請者は次の事項を記した申請書をJCREESの事務局にメールで送るものとする。書式は自由とする。

1.  申請者の名前、住所、メールアドレス
2.  出版物のタイトルと内容の要約
3.  出版予定の出版社名
4.  編者名と著者名
5.  幕張大会報告と出版物の内容の具体的な関係6.  英文校正に要する費用全体の見込み。もしあれば見積などのコピーをあわせて添付すること。

 

申請先
北海道大学スラブ・ユーラシア研究センターJCREES事務局
E-mail: src@slav.hokudai.ac.jp

 

なお、この件についての問い合わせは代表幹事の林忠行(hayashid@kyoto-wu.ac.jpまでお願いします。なお、JCREESより、5月7日付けで出版補助についてのお知らせをお伝えしております。この件について、事務局のミスで申請メールが削除されていたことが分かりました。せっかくご申請頂いた方には、非常に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。大変恐縮ですが、再度申請書をご提出いただきますよう、お願いいたします。その際、締め切りの5月末日までに申請先(src@slav.hokudai.ac.jp)宛に送ったメールを再送いただければ、当初の締め切りを過ぎていても受理いたします。また、申請書を受理しましたら、JCREES事務局補佐よりご連絡を差し上げます。申請受理の連絡がない場合には、大変お手数ですが、事務局補佐(takahashi.sanami@slav.hokudai.ac.jp)までご一報ください。
10:02 | その他
2018/05/22

特別講義のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
この度、ヨハン・ガルトゥンク教授 ノルウェーオスロ平和研究所所長 が来日され、青山学院大学で、「東アジアの平和をどう作るか?」と題し、講演をされます。

併せて、鳩山由紀夫 元内閣総理大臣の講演も行われます。東アジアの情勢が非常に流動的な現在、ぜひ平和学の泰斗の現状分析に耳を傾けていただければ幸いに存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

主催:青山学院大学国際研究センター、共催:鹿児島大学(ガルトゥンク教授招聘)特別講義:平和学の権威 ヨハン・ガルトゥンクと鳩山由紀夫内閣総理大臣の講演会

 

「東アジアの平和をどう作るか?」

時:2018年5月25日(金曜日)18:30-20:30(18:10より受付)

場所:青山学院大学青山キャンパス、17号館6階610、本多国際会議場

挨拶:押村高 青山学院大学副学長

講演:ヨハン・ガルトゥンク教授 ノルウェー オスロ平和研究所所長

    「アジアと日本の平和学ーいまだ占領下にある日本」
    鳩山由紀夫 元内閣総理大臣
    「東アジア共同体とアジア、日本、沖縄」
コメント:羽場久美子 青山学院大学教授
    「欧州とアジアの平和と安全保障について」

パネル・ディスカッション 19:30-20:30

ヨハン・ガルトゥンク教授と、鳩山由紀夫元内閣総理大臣との対談

フロアからの質疑

事前登録不要、入場料無料

 

講師紹介
☆ヨハン・ガルトゥンク:1930年、オスロ生まれ。社会学者。紛争調停人。 1959年に国際的平和研究機関の先駆けとなったオスロ平和研究所(PRIO)を創設し、64年に「平和研究ジャーナル」(Journal of Peace Research)を創刊した。93年にトランセンド、2004年にトランセンド平和大学(TPU)を創設。国連開発計画(UNDP)、国連環境計画(UNEP)、国連児童基金(ユニセフ)、国連教育科学文化機関(ユネスコ)、欧州連合(EU)、経済協力開発機構(OECD)など多数の機関で委員やアドバイザーとして重要な役割を果たした。 主な著書は、『日本人のための平和論』(ダイヤモンド社)、『構造的暴力と平和』(中央大学現代政治学双書)他。

 

☆鳩山由紀夫:1947年生まれ。元内閣総理大臣、東アジア共同体研究所理事長、日本友愛協会理事長。東京大学工学部卒業、スタンフォード大学工学部博士課程修了。86年、総選挙で旧北海道4区(現9区)から出馬、初当選。93年、自民党を離党し、新党さきがけ結党に参加。細川内閣で官房副長官を務める。96年、民主党結党、代表に就任。98年、旧民主党、民政党、新党友愛、民主改革連合の4党により(新)民主党結党。2009年、民主党代表、第93代内閣総理大臣に就任。主な著書は、著書『脱 大日本主義:「成熟の時代」の国のかたち 』(平凡社新書)、『いま、なぜ東アジア共同体なのか』(花伝社)他。

 

お問い合わせ 青山学院大学 モデレイター 羽場久美子

 

青山学院大学国際研究センター rsc@sipeb.aoyama.ac.jp <mailto:rsc@sipeb.aoyama.ac.jp>



09:13 | イベント案内
12345