ロシア・東欧学会
 

学会事務局

問い合わせ先
事務局長 五十嵐徳子(天理大学)
632-0032
 奈良県天理市杣之内町1050
 天理大学国際学部
 五十嵐徳子研究室気付
E-mail:jarees_office[a]yahoo.co.jp
   [a]を@に変更してください。

年会費振込先
ゆうちょ銀行
 加入者名:ロシア・東欧学会
  郵便局での払込
   00150-8-0177731
  他行からの送金
   019店 当座0177731
 
 
 

携帯用QRコード

 

ホームページ内の検索

IMAGINE Book Search

オンラインユーザー27人
207761

2017年研究大会は一橋大学にて実施

 2017年の研究大会は、JSSEESとの合同により、10月21日(土)・22日(日)に一橋大学(東京都国立市)にて開催される見通しです。詳細が決まりましたら、本HPにてご連絡いたします。
 

学会誌『ロシア・東欧研究』投稿募集中


 論文、研究ノート、書評の原稿を募集しています。応募締切は9月15日、原稿提出は11月末日です。投稿時点において40歳未満の方は、研究奨励賞(賞状、副賞5万円)の選考対象となります。

2016年度研究奨励賞
 2016年度の研究奨励賞は、審査委員会による厳正な審査の結果、残念ながら、該当者なしとの結論に至りました。 

学会誌の電子ジャーナル化
 最新号を除き、バックナンバーは、1972年の創刊号からJ-STAGEにて電子ジャーナル化されております。詳しくは、学会誌の電子ジャーナルをご参照ください。
 
お知らせ
12345
2017/02/17new

北極域研究推進プロジェクト

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
 文科省の北極域研究推進プロジェクト(ArCS)では次の事業を行っていますので,お知らせします。

・ArCS若手派遣 H29公募開始
ArCSでは平成29年度第1回の若手派遣事業公募を開始しました。この事業では、北極に関する研究分野の優れた若手研究者を、2週間から1年間にわたって海外の大学や研究機関に派遣します。詳しい内容は下記のページをご覧ください。締切は3月6日(月)です。

http://www.arcs-pro.jp/project/capacity/essential.html

・ArCS公開講演会
ArCSでは3/18(土)に一般向けの公開講演会を開催いたします。会場は東京永田町の星陵会館です。詳細・参加申込は以下のURLをご参照ください。

http://www.arcs-pro.jp/20170318kouenkai/


11:40 | その他
2017/02/07

第8回東アジア学会

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
第8回東アジア学会が6月に韓国で開催されます。詳しくは、以下をご参照ください。
パネルとペーパー申し込みの締め切りが3月17日まで延長されました。
The 8th East Asian Conference in Korea.pdf
17:05
2017/01/30

シンポジウムのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局

5回国際北極研究シンポジウム(ISAR-5

 

The changing Arctic and its regionalto global impact:From information to knowledge andaction

2018 1 15 日(月)~18 日(木) 東京・一橋講堂

http://www.jcar.org/isar-5/

 

 JCAR 主催による第5回国際北極研究シンポジウム(ISAR-5)を2018 1 15 日(月18 日(木)に開催します。

 北極における急激な温暖化が少しずつ明らかになり、それに対する対応・対策も考えられるようになってきましたが、北域の持続可能な社会・経済・資源開発のためには、気候・環境変化の将来予測の精度はいまだに不十分です。ISAR-5 は世界各国の様々な分野の北極域研究者が一堂に会して科学的研究成果について議論し、解決すべく課題を抽出して知見を共有し、将来の北極の姿を探ることを目的としています。

 ISAR-5 の午前中はプレナリーで基調講演、セッション代表講演を行い、午後は3 会場度に分かれたセッション発表を行います。セッションはあらかじめ決められた学術分野毎の一般セッションと、募集を行う分野横断的な特別セッションで構成します。現在、特別セッションの募集を開始しています。WEB から申し込みフォームをダウンロードし、必要事項をご記入の上お申込みください。皆様からの応募をお待ちしております。特別セッション募集の締切は2017 4 15 日(土)です。

  なお、期間中には一般市民への公開講演会も予定しています。

 

期  日  2018 1 15 日(月):受付、サイドミーティング、公開講演会

           16日(火)~18 日(木):シンポジウム

会  場  一橋大学一橋講堂 (東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内)

主  催  北極環境研究コンソーシアム(JCAR

共同主催  国立極地研究所(NIPR)、北極域共同研究推進拠点(J-ARC Net

ウェブページ http://www.jcar.org/isar-5/
ISAR-5開催案内_ 20170127j.pdf


14:08 | イベント案内
2017/01/19

シンポジウムのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局

【シンポジウム概要】

  ■テーマ:「世界はロシアとどうつきあうのか?」
 ■主催:NHKグローバルメディアサービス(G-media)

  ■開催日:2月21日(火)13:00~15:00質疑応答時間および10分間休憩を含む

  ■会場:国際文化会館 岩崎小彌太ホール 東京都港区六本木5-11-16

        会場HP:https://www.i-house.or.jp/

  ■パネリスト(順不同):

     下斗米伸夫教授 (法政大学)

     アレクサンドル・パノフ博士(元駐日大使/元ロシア外務省次官)

     フェン・シャオレイ教授(華東師範大学ロシア研究センター センター長)

     アンジェラ・ステント教授(ジョージタウン大学 ユーラシア・ロシア・東欧研究センター所長)

   ■討論言語:英語  (日本語同時通訳有)

   ■参加費:無料 (要事前申込)    

    GLOBAL AGENDA_JP.pdf

    公式サイト:http://www.nhk.or.jp/globalagenda/


10:53 | イベント案内
2017/01/16

共同研究の公募

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局

   北極域研究共同推進拠点(J-ARC Net)共同研究公募要項について、ご 案内いたします。

   J-ARC Netは、北海道大学北極域研究センターを中核拠点、国立極地研究所国際北極環境研究センター 及び海洋研究開発機構北極環境変動総合研究センターを連携施設とする3研究施設によって構成されており、北極域における環境と人間の相互作用の解明に向けた異分野連携による課題解決に資する先端的・学際的共同研究や産学連携の取り組み等の推進を目的とする共同利用・共同研究拠点として、文部科学大臣の認定を受けています。

  (公募分野)

  1. 平成29年度 J-ARC Net 研究者コミュニティ支援事業
   本支援事業では、拠点を構成する3研究施設の内外の研究者が協力して実施する(1)萌芽的異分野連携共同研究、(2)共同推進研究、および(3)共同研究集会を募集いたします。  

  2. 平成29年度 J-ARC Net 産学官連携支援事業
   本支援事業では、拠点を構成する3研究施設の内外の研究者や、企業及び官公庁関係者等が協力して実施する(1)産学官連携フィージビリティ・スタディ、および(2)産学官連携課題設定集会を募集いたします。

  (申込み)
   J-ARC Netのホームページ(http://j-arcnet.arc.hokudai.ac.jp/joint_research/)に共同研究公募について詳細が掲載されておりますので、HP より申請書をダウンロードのうえ、お申込み下さい。

  (申請書提出期限)
   平成 29 年 2 月 13 日(月) 必着
  ※PDF による申請書の提出も受け付けますが、その場合は原 本も郵送してください(提出期限後でも差し支えありません)。


  (郵送及び問い合わせ先)
  北海道大学北極域研究センター内 北極域研究共同推進拠点事務局
  〒001-0021 札幌市北区北 21 条西 11 丁目
  TEL: 011-706-9074
  E-mail: j-arcnet@arc.hokudai.ac.jp
  拠点ホームページ:http://j-arcnet.arc.hokudai.ac.jp/


08:53 | その他
12345