ロシア・東欧学会
 

学会事務局

問い合わせ先
事務局長 五十嵐徳子(天理大学)
632-0032
 奈良県天理市杣之内町1050
 天理大学国際学部
 五十嵐徳子研究室気付
E-mail:jarees_office[a]yahoo.co.jp
   [a]を@に変更してください。

年会費振込先
ゆうちょ銀行
 加入者名:ロシア・東欧学会
  郵便局での払込
   00150-8-0177731
  他行からの送金
   019店 当座0177731
 
 
 

携帯用QRコード

 

ホームページ内の検索

IMAGINE Book Search

オンラインユーザー16人
322996

2018年研究大会 オンライン参加登録を受付中

 2018年度の研究大会は、JSSEESとの合同後初めての大会となり、10月20日(土)・21日(日)に神戸大学六甲台キャンパス(神戸市灘区)にて開催されます。共通論題のテーマは、「ロシア・東欧における国のかたちとネーションのゆくえ」です。多数のご参加をお待ちしております。
 「研究大会」のページにて、オンライン参加登録を受付中です。登録締切は10月18日(木)正午です。また、報告ペーパーのダウンロードを開始しました。パスワードは、会員各位に送付した案内状、オンライン参加登録の受付完了画面、受付完了メールに記載されています。
 大学周辺に飲食店がなく、学内食堂も20日(土)13時半までの営業となりますので、昼食をご持参されるか、弁当のご注文をおすすめします。

2018年大会プログラム(予告版).pdf
http://www2.kobe-u.ac.jp/~yoshii/jarees2018/index.html
 

新しい「ロシア・東欧学会」のスタート

 ロシア・東欧学会は、日本におけるロシア、スラブ、東欧地域研究の更なる発展を期し、本年4月1日をもって、日本スラブ東欧学会(JSSEES)と合同し、新しい「ロシア・東欧学会」をスタートさせています。会誌を中心に、合同の手続きとしてなお残された作業も存在しますが、これまでの両学会の協力関係の経験を糧にして、ひとつのまとまりのある学会としてこれまで以上に高い目標・成果を目指して活動していきたいと考えています。とくに、研究領域や会誌刊行などで、それぞれの学会が持っていた比較優位の個性がより高い水準で結びつくことを切に願っています。
 新たに会員になられた方々を歓迎するとともに、すべての会員の皆様には新しい「ロシア・東欧学会」のスタートに際し、これまでの以上に学会へのご協力・ご貢献を心からお願い申し上げます。

溝端代表理事

 

学会誌『ロシア・東欧研究』投稿募集中


 JSSEESとの統合により、従来からの『ロシア・東欧研究』に加え『Japanese Slavic and East European Studies』(欧文雑誌)への論文、研究ノート、書評の原稿を募集しています。例年、応募締切りは9月15日、原稿提出期限は11月末日です。研究大会における自由論題報告者のみならず、多くの会員の皆様からのご投稿をお待ちしております。また、投稿時点において40歳未満の方は、自動的に研究者奨励賞(賞状、副賞5万円)の選考対象となります。

次号の学会誌に掲載予定の書評
書評(小森宏美):月村太郎編『解体後のユーゴスラヴィア』.pdf
書評(宮川絹代):沼野充義著『チェーホフ―七分の絶望と三分の希望』.pdf
書評(吉井昌彦):六鹿茂夫編『黒海地域の国際関係』.pdf
書評(山添博史):チャールズ・キング著『黒海の歴史』.pdf
書評(土田陽介):小山洋司著『EUの危機と再生―中東欧小国の視点』.pdf
書評(兵頭慎治):小泉直美著『ポスト冷戦期におけるロシアの安全保障外交』.pdf

学会誌の電子ジャーナル化

 最新号を除き、バックナンバーは、1972年の創刊号からJ-STAGEにて電子ジャーナル化されております。詳しくは、学会誌の電子ジャーナルをご参照ください。
 
お知らせ
12345
2018/10/17new

オンライン参加登録

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
 研究大会のオンライン参加登録は、10月18日(木)正午までとなります。それ以降の登録及び修正等に関しては、メールにて大会開催校まで直接お問い合わせください。
15:29 | 研究大会
2018/10/17new

研究大会プログラムの変更

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
 1日目午前の分科会2(文化・哲学)における元春智裕会員による報告が、止むを得ない理由により中止となります。
14:25 | 研究大会
2018/10/15new

国際シンポジウム

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
国際シンポジウム「ポーランドと日本における第二次世界大戦の記憶――ホロコーストと原爆を起点とする比較的アプローチ」

   

日時: 2018年11月17日(土)、18日(日)
場所:ウィンクあいち 1201会議室(12階)JR名古屋駅桜通口徒歩5分・ミッドランドスクエア経由 地下通路徒歩8分
使用言語:日本語、ポーランド語(翻訳映写、質疑通訳付)        聴講無料・予約不要
詳しくは、以下をご参照ください。

 poster_nagoya111718.pdf

       


09:45 | イベント案内
2018/09/25

報告ペーパーのダウンロード

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
 研究大会のページにて、報告ペーパーのダウンロードを開始しました。大会当日には配布されませんので、事前印刷の上、ご持参ください。パスワードは、会員各位に送付した案内状、オンライン参加登録の受付完了画面、受付完了メールに記載されています。  
17:42 | 研究大会
2018/09/14

オンライン参加登録を開始

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
 2018年研究大会のオンライン参加登録を、「研究大会」のページにて開始しました。報告ペーパーは、10月以降に本ウェブサイト上に随時掲示します。ダウンロードする際のパスワードは、オンライン参加登録の受付完了画面、または受付完了メールに記載されています。
 大学周辺に飲食店がなく、学内食堂も20日(土)13時頃までの営業となりますので、昼食をご持参されるか、弁当のご注文をおすすめします。
2018年大会プログラム(予告版).pdf
11:12 | 研究大会
12345