ロシア・東欧学会
 

学会事務局

郵便物送付先
153-8648 
東京都目黒区中目黒2-2-1
  防衛研究所 兵頭慎治研究室気付

問い合わせ先
E-mail:jarees_office[a]yahoo.co.jp
   [a]を@に変更してください。

年会費振込先
ゆうちょ銀行
 加入者名:ロシア・東欧学会
  郵便局での払込
   00150-8-0177731
  他行からの送金
   019店 当座0177731
 
 
 

携帯用QRコード

 

ホームページ内の検索

IMAGINE Book Search

オンラインユーザー11人
100003

ICCEES幕張大会で報告する若手会員に登録料・旅費を補助

ICCEES(国際中・東欧学会)世界大会が、2015年8月3日~8日に神田外語大学(千葉県千葉市)で開催されます。ロシア・東欧学会では、専任職を持たない若手会員が報告を行う場合、登録料の9割と旅費(上限5万円)を補助します。今後、入会を申し込まれる方も対象となります。
http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/iccees2015/index.html 
 

2015年研究大会は11月28日(土)に上智大学にて実施予定

上智大学
ICCEES幕張大会が開催されることから、2015年の研究大会は、開催日を11月28日(土)に遅らせるとともに、規模を縮小して上智大学にて実施する予定です。

 

学会誌『ロシア・東欧研究』投稿募集中


 論文、研究ノート、書評の原稿を募集しています。締切りは9月15日、原稿提出期限は11月末日です。投稿時点において40歳未満の方は、研究奨励賞(賞状、副賞5万円)の選考対象となります。最新号を除き、バックナンバーは、1972年の創刊号からJ-STAGEにて電子ジャーナル化されております。  学会誌の電子ジャーナル化
 
お知らせ
12345
2015/03/02new

小澤治子先生を偲ぶ会

Tweet ThisSend to Facebook | by:ロシア・東欧学会事務局
 昨年12月にご逝去された当学会理事の小澤治子先生(新潟国際情報大学)を偲ぶ会が、新潟国際情報大学の教員有志により、3月18日夜に新潟駅近くで開催されます。参加をご希望の方は、神長英輔先生(新潟国際情報大学、kaminaga@nuis.ac.jp)までお問い合わせください。
09:30 | その他
2015/02/23

2014年度年会費の納入

Tweet ThisSend to Facebook | by:ロシア・東欧学会事務局
 2014年度の年会費が未納の方は、早期の納入をお願いいたします。来年度は、理事改選の年にあたります。3月31日時点において本年度の年会費が未納の場合には、理事選出選挙において、選挙権と被選挙権を失うこととなりますので、ご注意ください。なお、大学院生は、年会費を納めていても、被選挙権は有しません。
18:14 | 事務局から
2015/02/23

シンポジウムのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:ロシア・東欧学会事務局
スラヴ文献学シンポジウム 「『賢者アキルの物語』ー中世スラヴ文学への新たなアプローチ 」を3月16日(北大・スラブ・ユーラシア研究センター)、3月18日(東大・文学部)にて開催いたします。詳細はPDFをごらんください。
スラヴ文献学シンポ.pdf
15:00 | イベント案内
2015/02/05

セミナーのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:ロシア・東欧学会事務局
「北東アジアのエネルギー安全保障とウクライナ問題-天然ガス協力を中心に-」と題するセミナーが、2015年2月27日(金)13:30~17:00に新潟市内にて開催されます。詳しくは、以下をご参照ください。
http://www.erina.or.jp/jp/Events/20150227info.htm
13:43 | イベント案内
2014/12/24

若手研究者等フェローシップ

Tweet ThisSend to Facebook | by:ロシア・東欧学会事務局

 日露青年交流センターは、日露政府間協定に基づき設置された日露青年交流委員会の事務局として、両国間の国民レベルの人的交流の拡充、相互理解に基づいた将来の日露関係を担う人材の育成を目的に事業を行っております。1999年の設立以来、招聘・派遣事業、若手研究者等フェローシップ供与事業、日本語教師派遣事業などを通じ、これまでに4,800人を超える日本とロシアの青年交流事業を実施してまいりました。

 この度、2015年度も、2014年度に引き続き若手研究者等フェローシップ≪日本人研究者派遣≫≪ロシア人研究者招聘≫プログラムを実施することになりました。本事業は、日露両国間の相互理解の促進及び協力の発展に貢献しうる研究を行う日本人若手研究者等のロシアにおける研究及びロシア人若手研究者等の日本における研究を支援することを目的としております。
 研究分野には特に制限を設けませんが、日本研究及びロシア研究をはじめ本事業の目的に資する有為な研究者の応募を期待しています。201512月までに渡航する方を対象とし、応募締切りは≪日本人研究者派遣≫、≪ロシア人研究者招聘≫ともに2015320日(金)正午を予定しております。
 このお知らせは、当センターのホームページ (
http://www.jrex.or.jp/ja/bosyu.html)上でご覧いただくことができ、応募書類はダウンロードしてそのままご利用になれます。また、当該事業に関しましては外務省ロシア交流室が所掌しておりますので、年初には外務省ホームページの「イベント情報」(http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/event/index.html」やロシアの日本国大使館・総領事館のホームページからもご覧いただける予定です。


09:22 | その他
12345