ロシア・東欧学会
 

学会事務局

郵便物送付先
153-8648 
東京都目黒区中目黒2-2-1
  防衛研究所 兵頭慎治研究室気付

問い合わせ先
E-mail:jarees_office[a]yahoo.co.jp
   [a]を@に変更してください。

年会費振込先
ゆうちょ銀行
 加入者名:ロシア・東欧学会
  郵便局での払込
   00150-8-0177731
  他行からの送金
   019店 当座0177731
 
 
 

携帯用QRコード

 

ホームページ内の検索

IMAGINE Book Search

オンラインユーザー29人
81610

2014年研究大会は10月4(土)・5日(日)に岡山大学にて実施

国立大学法人 岡山大学
2014年の研究大会は、10月4日(土)、5日(日)に岡山大学津島北キャンパスにて実施されます。自由論題報告の募集は締め切りました。多数のご応募、ありがとうございます。
http://www.okayama-u.ac.jp/tp/access/access_4.html
 

学会誌『ロシア・東欧研究』投稿募集中


 論文、研究ノート、書評の原稿を募集しています。締切りは9月15日、原稿提出期限は11月末日です。投稿時点において40歳未満の方は、研究奨励賞(賞状、副賞5万円)の選考対象となります。最新号を除き、バックナンバーは、1972年の創刊号からJ-STAGEにて電子ジャーナル化されております。  学会誌の電子ジャーナル化
 

ICCEES幕張大会で報告する若手会員に登録料・旅費を補助

ICCEES(国際中・東欧学会)世界大会が、2015年8月3日~8日に神田外国語大学(千葉県幕張市)で開催されます。ロシア・東欧学会では、専任職を持たない若手会員が報告を行う場合、登録料の9割と旅費(上限5万円)を補助します。今後、入会を申し込まれる方も対象となります。
http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/iccees2015/index.html 
 
お知らせ
12345
2014/08/11

理事会の議事録

Tweet ThisSend to Facebook | by:ロシア・東欧学会事務局
 2014年度第1回理事会の議事録を、会議のページに掲載しました。
15:36 | 事務局から
2014/07/24

外務省専門分析員の公募

Tweet ThisSend to Facebook | by:ロシア・東欧学会事務局
 外務省国際情報統括官組織には、外部有識者の知見の積極的な活用及びネットワークの拡大を通じた情報・分析機能の強化・拡充の観点から、外国情勢や国際問題等に精通する外務省外の専門家を「専門分析員」として採用し、各種専門分野に関する調査業務に従事していただく制度があります。今回は、「ロシア情勢」に関する調査業務を担当する専門家を募集します。募集にあたっての詳細は下記のとおりです。御関心のある方の御応募をお待ちしております。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/i_a/4/page4_000570.html

15:24 | その他
2014/07/22

書評の掲載

Tweet ThisSend to Facebook | by:ロシア・東欧学会事務局
会誌編集委員会からの要請により、次号の学会誌に掲載予定の書評をアップします。
湯浅氏書評(ダダバエフ著『中央アジアの国際関係』)学会HP用.pdf
08:32 | 刊行物
2014/06/12

講演会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:ロシア・東欧学会事務局
アイハウス・ランチタイム・レクチャー「ウクライナ危機とロシア―危機の背景とその影響を考える」
日時:2014年7月4日 12時15分~ 13時30分
講師:下斗米 伸夫(法政大学教授)
主催:国際文化会館
会場:国際文化会館 講堂(最寄駅:六本木/麻布十番)
会費:1,000円(学生:500円、国際文化会館会員:無料)
用語:日本語(通訳なし)
定員:70名
お申し込み:ウェブサイト、Eメール、電話 《国際文化会館 企画部》
Tel:03-3470-3211 / Fax:03-3470-3170 / E-mail:program@i-house.or.jp
URL:http://www.i-house.or.jp/programs/lunchtimelecture20140704/

諸外国の反発を無視してクリミアを編入したロシアと、その後も危機が続いているウクライナ。国家間の相互依存が深まる今日の世界では、ウクライナ 情勢はヨーロッパに留まらず、国際秩序に大きな影響を与えています。この一連の動きにおいて、一体何がロシアを突き動かしたのでしょうか。また、 日本はウクライナ危機をどのように捉え、対応すればよいのでしょうか。ウクライナとロシアの歴史的関係を踏まえながら、下斗米氏にこれまでの流れを整理していただくとともに、今後のロシアをめぐる各国の動向についてお話しいただきます。
16:54 | イベント案内
2014/05/27

学会誌の電子アーカイブ化

Tweet ThisSend to Facebook | by:ロシア・東欧学会事務局
 学会誌『ロシア・東欧研究』第41号(2012年版)が、J‐STAGEにて電子アーカイブ化されました。最新号を除き、創刊号から閲覧が可能です。以下から、ご参照ください。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jarees/2012/41/_contents/-char/ja/
11:47 | 刊行物
12345