ロシア・東欧学会
 

学会事務局

問い合わせ先
事務局長 道上真有(新潟大学)
〒950-2181
新潟市西区五十嵐2の町8050
新潟大学経済学部
 道上真有研究室気付
 jarees_office@yahoo.co.jp

年会費振込先
ゆうちょ銀行
 加入者名:ロシア・東欧学会
  郵便局での払込
   00150-8-0177731
  他行からの送金
   019店 当座0177731
 
 
 

携帯用QRコード

 

ホームページ内の検索

IMAGINE Book Search

オンラインユーザー19人
329890

2018年研究大会 10月20日・21日に神戸大学にて実施

 JSSEESとの合同後初めての研究大会が、10月20日(土)・21日(日)に神戸大学六甲台キャンパス(神戸市灘区)にて開催されました。多数のご参加、ありがとうございました。
2018年大会プログラム(確定版).pdf
http://www2.kobe-u.ac.jp/~yoshii/jarees2018/index.html
 
お知らせ
12345
2018/12/13new

講演会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局

「スーパー大陸:ユーラシアの時代」講演会

1215日(土曜日)午後1時から4時、青山学院大学、総研ビル12階大会議室 にて、講演会があります。 

Kent Calder (Director of the Edwin O.Reischauer CenterJohns Hopkis University)
SuperContinent--The Logic of Eurasian Integration: China and Russia

Daisaku Higashi (Sophia University),

Increasing Military Conflicts andImportance of Peace building--- Syria, Iraq, and East Timor

Kumiko Haba (Aoyama Gakuin University)

Immigrants Question, European Crisis andthe China-Russia Eurasian Development

4時―4時半 Coffee Break (コーヒーとクッキー) 

どうぞ奮ってご参加ください。

登録の上参加をお願いいたします。こちらがURLになります。https://goo.gl/xp8TuY

 羽場久美子


17:57
2018/11/26

会誌編集委員会発足!

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
 会誌の編集委員が以下のとおり内定しました。

  委員長 湯浅 剛(広島市立大学)
 『ロシア・東欧研究』担当
  副委員長 大串 敦(慶應義塾大学)
  委員 黒岩 幸子(岩手県立大学)
  委員 宮川 絹代(札幌大学)
  委員 松本 かおり(神戸国際大学)
  委員 黛 秋津(東京大学)
       委員   久保 慶一(早稲田大学)
  委員 金野 雄五(みずほ総合研究所)
 欧文誌JSSES担当
  副委員長 ヨコタ村上 孝之(大阪大学)
  委員 野町 素己(北海道大学)
  委員 堤 正典(神奈川大学)
  委員 岩本 和久(札幌大学)
  委員 雲 和広(一橋大学)
  委員 五十嵐 徳子(天理大学)
  委員 阪本 秀昭(天理大学)
  委員 林 忠行(京都女子大学)
  委員 伊藤 順二(京都大学)
  委員 藤本 和貴夫(大阪経済法科大学)

  
  *『ロシア・東欧研究』の投稿先アドレス
   jareesedboardjp[a]gmail.com(送信の際は、[a]の代わりに@を入力してください)

  *JSEESの論文投稿先アドレス
        murakami[a]lang.osaka-u.ac.jp(送信の際は、[a]の代わりに@を入力してください)

20:00
2018/11/21

北極域研究推進プロジェクトの第3回若⼿研究者海外派遣⽀援事業の公募

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局

文科省北極域研究推進プロジェクト(ArCS)のH30年度第3回若⼿研究者海外派遣援事業の公募が始まりました。概要は以下の通りです。

◆対象者

本国内の学、研究機関、企業等に所属する原則40歳未満の研究者、または修課程以上の学院、実務者

◆派遣援のタイプ

a) 中・期派遣援(最1年間)

主に海外の研究機関における中・期的な研究活動が対象。

※応募には派遣先機関の受研究者の内諾が必要です。

b) 短期派遣援(最2週間)

主に国際会議への出席や、海外での研究発表が対象。

◆派遣開始時期

 中・長期:平成312上旬〜平成313中旬

 短期:平成311月下旬~平成313月中旬

援費往復交通費、滞在費、査証取得費等

下記のリンクから事業内容や募集要項、過去の派遣者の報告書をることができます。

https://www.arcs-pro.jp/project/capacity/

応募期間は1116(金)〜125)です。

本公募につきましてお知り合いの研究者、学などいらっしゃいましたらご紹介いただけますと幸いです。


12:05
2018/11/05

東欧史研究会主催シンポジウムの案内

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
  東欧史研究会では本年121日に「ユーゴスラヴィア」建国100周年を迎えるにあたって下記の次第の通りシンポジウムを開催いたします。
ユーゴスラヴィア100周年シンポジウム.pdf

東欧史研究会主催シンポジウム

「歴史としての「ユーゴスラヴィア」―建国100年の地点から振り返る」

日程:2018121日(土) 13:00~18:30
会場:立教大学 池袋キャンパス5号館5223教室
共催:科研費基盤(A)1918-19年像の再構築―継続と変容―」(研究代表者:大津留厚)

<第一セッション>「帝国の遺産と記憶」(13:10~15:10
中澤拓哉(東京大学・院)
「モンテネグロ併合とユーゴスラヴィア建国 ―パリ講和会議前後の外交とプロパガンダ(19181921
村上 亮(福山大学)
「ユーゴスラヴィア建国の正統性をめぐって ―パリ講和会議における戦争責任問題とその余波」
コメント:池田嘉郎(東京大学)

<第二セッション>「「民族問題」のフレーム」(15:20~17:20
門間卓也(学習院女子大学)
「ウスタシャ運動と「新しい人間」の創造 ―「クロアチア独立国」の教育現場における民族統治」
鈴木健太(東京外国語大学)
1989年の社会主義ユーゴスラヴィア ―大衆的政治運動と共和国間対立」
コメント:佐藤成基(法政大学)

<全体討論>(17:3018:30
ディスカッサント:大津留厚(神戸大学)、柴宜弘(城西国際大学)

アクセスマップ:http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/qo9edr00000001gl-att/img-accessmap_ike_new.pdf 
キャンパスマップ:http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/qo9edr00000001gl-att/img-campusmap_ike.pdf 

お問い合わせ:東欧史研究会 tououshi@gmail.com
東欧史研究会ウェブサイト:https://sites.google.com/site/tououshi/ 

19:45
2018/10/29

第34回日ロ極東学術シンポジウムのご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
第34回日ロ極東学術シンポジウムのご案内

皆様お元気でご活躍のことと存じます。
さて、恒例の第34回目を迎えたロシア科学アカデミー極東支部と
「日ロ極東学術シンポジウム」をロシア科学アカデミー極東支部の
歴史・考古学・民族学研究所、太平洋地理学研究所、経済研究所、
およびセルギエンコ・ロシア科学アカデミー極東支部議長、ゴルチャコフ
前沿海地方議会議長らのメンバーを迎えて、12月1日(土)と2日(日)に、
大阪経済法科大学の八尾駅前キャンパスで開催します。(添付をご覧ください。)
ご多忙とは存じますが、ぜひご出席いただきますようご案内申し上げます。

                         2018年10月

                            藤本和貴夫
                        (大阪経済法科大学)34回極東シンポ案内(新) doc.pdf
15:45
12345