ロシア・東欧学会
 

学会事務局

問い合わせ先
事務局長 兵頭慎治(防衛研究所)
E-mail:jarees_office[a]yahoo.co.jp
   [a]を@に変更してください。

年会費振込先
ゆうちょ銀行
 加入者名:ロシア・東欧学会
  郵便局での払込
   00150-8-0177731
  他行からの送金
   019店 当座0177731
 
 
 

携帯用QRコード

 

ホームページ内の検索

IMAGINE Book Search

オンラインユーザー7人
122072

2015年研究大会 上智大学にて11月21日(土)に開催

上智大学
 ICCEES幕張大会が開催されることから、2015年の研究大会は、開催日を11月21日(土)に遅らせるとともに、規模を縮小して上智大学(東京都千代田区)にて実施します。共通論題は実施せず、JSSEESとの合同シンポジウムと自由論題報告を予定しております。合同シンポジウムのテーマは、「世界戦争100年 ロシア・東欧研究の再検討」です。研究大会のプログラムは、9月末頃に本ウェブサイトにて公表します。

 

学会誌『ロシア・東欧研究』投稿募集中


 論文、研究ノート、書評の原稿を募集しています。応募締切は9月15日、原稿提出は12月15日です。投稿時点において40歳未満の方は、研究奨励賞(賞状、副賞5万円)の選考対象となります。
 最新号を除き、バックナンバーは、1972年の創刊号からJ-STAGEにて電子ジャーナル化されております。詳しくは、学会誌の電子ジャーナルをご参照ください。
 次号の学会誌に掲載が予定されている書評を、学会誌の刊行に先駆けて掲示いたします。
 書評:池本修一・田中宏編著『欧州新興市場国への日系企業の進出―中欧・ロシアの現場から―』.pdf
 書評: 雲和広著『ロシア人口の歴史と現在』.pdf
 

ICCEES幕張大会助成 8月末まで申請受付中

             
 ICCEES(国際中・東欧学会)世界大会が、2015年8月3日~8日に神田外語大学(千葉県千葉市)で開催されました。ロシア・東欧学会では、専任職を持たない若手会員が報告、討論、司会等を行った場合、登録料の9割と旅費・宿泊費等(上限5万円)を助成します。今後、入会を申し込まれる方も対象となります。本ウェブサイトの「研究大会」のページにて、オンライン申請を受け付けております。申込み期限は8月末日です。
http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/iccees2015/index.html 
 
お知らせ
12345
2015/08/27new

外務省在外公館専門調査員の募集

Tweet ThisSend to Facebook | by:ロシア・東欧学会事務局

 外務省在外公館専門調査員とは、労働者派遣法の下で、わが国の在外公館(大使館、総領事館、政府代表部、領事事務所)に2年の任期をもって派遣され、在外公館の一員としてわが国の外交活動に資するため、語学力及び専門性を生かしつつ、在外公館長の指揮監督の下に、派遣国・地域の政治、経済、文化等に関する調査・研究及び館務補助の業務を行なうものです。現在、在ロシア大使館、在ハバロフスク総領事館、在アゼルバイジャン大使館等で募集が行われています。以下の日程で採用試験を行います。

応募締切日 2015年9月30日(水)必着
第一次試験(筆記) 2015年10月17日(土)

第二次試験(面接) 2015年11月30日(月)~12月4日(金)

詳細は、一般社団法人国際交流交流サービス協会ホームページをご覧ください

 http://www.ihcsa.or.jp/zaigaikoukan/zaigaikoukansencho-01/


14:16 | その他
2015/08/27new

書評の先行掲示

Tweet ThisSend to Facebook | by:ロシア・東欧学会事務局
 次号の学会誌『ロシア・東欧研究』に掲載が予定される書評を、学会誌の刊行に先駆けて本ウェブサイトに掲示します。その他の書評に関しては、刊行物のページをご参照ください。
書評: 雲和広著『ロシア人口の歴史と現在』.pdf

08:29 | 刊行物
2015/08/13

ICCEES幕張大会参加に関する助成

Tweet ThisSend to Facebook | by:ロシア・東欧学会事務局
 ICCEES(国際中・東欧学会)世界大会が、2015年8月3日~8日に神田外語大学で開催されました。ロシア・東欧学会では、専任職を持たない若手会員が報告、討論、司会等を行った場合、登録料の9割と旅費・宿泊費等(上限5万円)を助成します。今後、入会を申し込まれる方も対象となります。本ウェブサイトの「研究大会」のページにて、オンライン申請を受け付けております。申込み期限は8月末日です。
08:59 | 事務局から
2015/08/04

シンポジウムのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:ロシア・東欧学会事務局

「ロシア、中・東欧のジェンダーと、日本との交流」

「中央アジア・中央ユーラシアの現状と日本とのかかわり」

日時:201584日(火) 一部:13:0014:40 二部:15:0018:00

於:青山学院大学青山キャンパス総研ビル(正門入ってすぐ右手)11階大会議室

Ⅰ「中・東欧のジェンダーと、日本との交流」    13:0014:40

共催・青山学院大学 国際政治経済学部 ・(NPO)中央アジア・コーカサス

研究所・グローバル国際関係研究所、JAICOWS(女性科学研究者の研究改善に関する懇談会)Ubrain TV, ブルーアース国際機構、ワンアジア財団寄付講座

総合司会:羽場久美子(青山学院大学教授、グローバル国際関係研究所所長)

挨拶:岩井宜子(専修大学名誉教授、JAICOWS前事務局長)

1.ジェンダー研究者による各国の報告

  ―Judit HidasiBudapest Business School, Hungary

  ―Valéria SzekeresObuta University, Hungary

  ―Ranjana SaxenaDelhi University, India

  ―Takatoshi KamezawaWorld Bank)  Gender system in the World Bank

2America, 日本のジェンダー研究者からのコメント、報告、ディスカッション

   Evans-Walker, Erin, Dr.(フランクリンフェロー、アメリカ大使館)

「アメリカのジェンダー政策、日本へのコメント」

  猪口邦子(参議院議員、元少子化担当大臣)「日本における男女共同

参画とジェンダー対策」

  川端良子(東京農工大学准教授)「シルク産業による女性の自立化支援」

  質疑、ディスカッション

Ⅱ「中央アジア・中央ユーラシア、中国の現状と日本とのかかわり」 15:0018:00

共催・青山学院大学 国際政治経済学部 ・(NPO)中央アジア・コーカサス

研究所・東芝国際交流財団ファンド ・グローバル国際関係研究所、ワンアジア財団寄付講座

○総合司会    田中哲二(中央アジア・コーカサス研究所長、ICCEES幕張会議・顧問会議代表幹事

羽場久美子(青山学院大学教授、グローバル国際関係研究所所長)

1.中央アジア、中央ユーラシア、中国からの研究者の報告」(15001600

―各国の「安全保障」、「経済開発」、「民主化」(各現状と問題点)日本との関係

 ―Elene MedzmariashviliTbilisi State University, Georgia

 ―Tokhir KalandarovTajik Academy of Sciences, Tajik

 ―Elmira NogoibaevaAnalytical Center "Polis Asia", Kyrgyz

 ―Kong TianpingInstitute of European Studies, Chinese Academy of Social Sciences, China

 ―Ma JunchiInstitute of European Studies, Chinese Academy of Social Sciences, China

2.日本側有識者による報告へのコメントとプレゼンテーション」(16:0018:00

  ―清水 学(前一橋大学教授、元アジア経済研究所)

         「中央アジアの経済開発と課題」

  ―河東哲夫(元ウズベキスタン・タジキスタン特命全権大使)

         「中央ユーラシアの安全保障問題」

  ―出川展恒(NHK解説委員)

         「混迷の度を深める中東情勢とその余波」

  ―岡田晃枝(東京大学特任准教授)

         「中央アジアの民主化と人間の安全保障」

パネル・ディスカッションおよびフロアーとの質疑・応答

レセプション(18:3020:30)青学会館、IVY HALL アロン

尚、本国際会議は無料です。是非ご参加ください。皆様のご参加をお待ち申し上げております。お席の確保のため、下記のサイトにてご登録してくださるようお願いします。参加登録サイト http://goo.gl/4rRAOp

PDFファイル  http://goo.gl/2GjPFm


07:23 | イベント案内
2015/07/31

ICCEES幕張大会(当日参加可能)

Tweet ThisSend to Facebook | by:ロシア・東欧学会事務局
 「第9回国際中欧・東欧研究協議会世界大会」の開催について(ご案内)

 会 期:平成27年8月3日(月)~8月8日(土)[6日間]
 場 所:幕張メッセ、神田外語大学(千葉県千葉市)

 日本学術会議と日本ロシア・東欧研究連絡協議会が共同主催する「第9回国際中欧・東欧研究協議会世界大会」が、8月3日(月)より8月8日(金)まで、<幕張―様々な西と様々な東の出会うところ>というスローガンを掲げて、幕張メッセ及び神田外語大学(千葉市幕張地区)で開催されます。
 国際中欧・東欧研究協議会(The International Council for Central and East European Studies、略称ICCEES[イクシーズ])は旧ソ連・東欧圏の研究に携わる各国の学会を糾合した、総合的地域研究の国際組織で、その視野はロシアを中心としながらも、中欧・東欧諸国、ウクライナ、中央アジア、中国にまで、つまり中央ユーラシアのほぼ全域に及び、これらの地域と日本の関係も焦点の一つになります。ICCEESは5年に一回、世界大会を開催してきましたが、この大会が欧米の外で行われるのは史上初めての画期的なことです。
 今回の幕張大会には、旧ソ連諸国、欧米、アジアなど60以上の国々から約1600名の研究者の参加が見込まれており、総計350以上の「パネル」および「ラウンドテーブル」で、政治、経済、国際関係、歴史、社会、文学、芸術、言語、宗教など、あらゆる専門分野にわたって最新の研究成果が発表され、討議される予定です。さらに今回の大会では組織委員会による特別イベントとして、ロシア、韓国、日本の元首相・元外務大臣が中国台頭を論ずるオープニング企画の他、「東西関係の中の北極海と極東」、「ロシア革命研究の最前線」、「現地から見るウクライナ動乱」、「東アジアにおけるロシア文学研究・翻訳」といった主題をめぐる特別シンポジウムも開催されます。
 また、一般公開の国際シンポジウムとして、8月7日(金)に世界的に著名な作家を招へいして「スラヴ文学は国境を越えて―ロシア・ウクライナ・ヨーロッパと日本―」が開催されることとなっております。この大会は国際的なスラヴ・ユーラシア研究の発展に大きく寄与するとともに、この分野での日本の人文・社会科学の高い水準を世界にアピールできる貴重な機会になることが期待されます。関係者の皆様に周知いただくとともに、是非、御参加いただけますようお願いいたします。

国際中欧・東欧研究協議会第9回世界大会記念特別企画 国際シンポジウム
「スラヴ文学は国境を越えて―ロシア・ウクライナ・ヨーロッパと日本―」
 日 時:平成27年8月7日(金) 18:30~20:00
 会 場:神田外語大学4号館101番教室
 参加費:無料

※内容の詳細や登録方法などについては、以下のホームページをご参照ください。
○国際会議公式ホームページ
http://krs.bz/scj/c?c=263&m=22305&v=e7df911f
○国際シンポジウム
http://krs.bz/scj/c?c=264&m=22305&v=298f6db7
08:57
12345