日本18世紀学会事務局

〒464-8601
名古屋市千種区不老町
名古屋大学経済学研究科 
日本18世紀学会事務局
Tel. 
052--789-2380
Fax.052-789-4924
Mail: jsecs.nagoya.uni[[at]]gmail.com
([[at]] を @ に)
 

日本18世紀学会のウェブサイトへようこそ

最新情報
12345
2016/12/19

国際18世紀学会エジンバラ大会開催の予定

Tweet ThisSend to Facebook | by jsecs管理者
国際18世紀学会第15回大会は、2019年7月14日〜19日、エジンバラ大学(英国)にて開催されます。本大会のテーマは‘Enlightenment Identities’/« Lumières et identités » です。

日本18世紀学会の会員は、国際18世紀学会に会員として登録されております。詳細はあらためてお知らせ申し上げますが、皆様ふるってご参加ください。
13:09
2015/04/17

ISP事業者からのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by jsecs管理者

下記の日程におきまして、ISP事業者がSaaS for NetCommonsの回線のメンテナンスを実施致します。メンテナンス工事中は、複数回通信断が発生する為、通信断の発生中はNetCommons」のご利用ができなくなります。


ご迷惑を
 おかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。 


               記

1.メンテナンスの概要


【実施日時】

 2015年 4月24日(金) 21:00 ~ 25:00


【作業内容】

 サーバのglibcライブラリ バッファオーバーフロー

 の脆弱性対応を実施致します。


 ・参考URL

  https://jvn.jp/vu/JVNVU99234709/index.html


【影響範囲】

 メンテナンス作業中は「SaaS for NetCommons」にアクセス出来ない状況が

 複数回程発生致します。


16:08
2015/03/17

日本学術会議 第一部ニューズレター

Tweet ThisSend to Facebook | by jsecs管理者

「リンク」のページから、日本学術会議第一部(人文・社会科学系)がウェブサイトに掲載しているニューズレターをご覧いただけるようになりました。

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/1bu/index.html



16:33
2015/03/14

【第37回大会】自由論題報告応募受付期間延長について

Tweet ThisSend to Facebook | by jsecs管理者


会員の皆様へ

日本18世紀学会事務局からの重要なお知らせです。

本年6月に東京大学で開催される第37回大会の自由論題報告の応募受付期間を、3月23日(月)まで延長いたします。


つきましては、自由論題報告を希望される会員は、2015年 3月23日(月)までに、1000字以内の報告要旨をつけて、学会事務局宛ての郵便かメールでお申し込みください。詳細については、以下をご参照ください。


1 郵送の場合は、要旨のプリントアウト原稿および電子ファイル(「ワード」形式で作成されたもの)の両方をお送りください。メールの場合は、要旨を添付ファイル(「ワード」形式)、またはメール本文にコピーしてお送りください。

2 発表は1件につき50分、うち報告が40分、質疑応答が10分の予定ですが、申込者が多数の場合は、個々の発表の時間を短縮したり、これまでの発表の 有無、共通論題を含む諸分野のバランスなどを勘案して、幹事会で調整ないし選考させていただくこともあります。あらかじめご了承くださいますようお願い申 し上げます。

3 会場で配布されるコピー資料は、原則としてご自分でご用意いただくことになっています。


その他報告に関する詳細は、プログラムが決定され次第、事務局から個々に連絡申し上げます。


22:51
2015/01/15

【第37回大会】自由論題公募要領

Tweet ThisSend to Facebook | by jsecs管理者

 第37回大会で発表を希望される会員は、1000字以内の発表要旨をつけて、2015年3月6日(金)までに学会事務局まで郵便かメールでお申 し込みください。郵送の場合は要旨のプリントアウト原稿および電子ファイル(「ワード」形式で作成されたもの)の両方をお送りください。メールの 場合は、要旨を添付ファイル(「ワード」形式)またはメール本文にコピーしてお送りください。

 発表は1件につき50分、うち報告が40分、質疑応答が10分の予定ですが、申込者が多数の場合は、個々の発表の時間を短縮したり、あるいはこ れまでの発表の有無、共通論題を含む諸分野のバランスなどを勘案して、幹事会で調整ないし選考させていただくこともありますので、この点はあらか じめご了承くださいますようお願い申し上げます。また、会場で配布されるコピー資料は原則としてご自分でご用意いただくことになっています。

 詳細はプログラムが決定され次第、事務局から個々に連絡申し上げます。


00:30
12345