本部事務局(連絡先)
662-8501
西宮市上ケ原一番町1-155 
   関西学院大学神学部
       補佐室気付
Tel.  0798-54-6207
Fax. 0798-51-0936

 
 

学会誌 『日本の神学』


日本基督教学会は、学術大会開催と並ぶ中心的な活動と位置付けて、毎年学会誌の刊行を行っています。

◆学会誌『日本の神学』のバックナンバーは、科学技術振興機構(JST)の、J-Stageで公開しています。

 ※冊子体は、教文館よりお買い求めいただけます。

=================================================

  最新号 『日本の神学』57号 目次
    (J-Stageでの公開は、2019年を予定しています)

宗教改革五百年目を生きる

江藤直純

 

 

 

講演

宗教改革とエキュメニズム、その到達点、課題と展望

テオドール・ディーター

論文

 

 

 

「神学とはクィアなもの」?
― エリザベス・スチュアートの「クィア神学」理解の批判的考察 ―

工藤万里江

 

神の遍在と非場所性 ― アレクサンドリアのクレメンスの議論を中心として ―

津田謙治

 

アウグスティヌスの身体観

渡邉蘭子

 

『ビーブル・モラリゼ』における堕罪の場面― 聖書図像と解釈図像の構図の変遷 ―

竹田伸一

書評

 

 



魯恩碩『旧約文書の成立背景を問う-共存を求めるユダヤ共同体-』、日本キリスト教団出版局、20171

大島力

荒井献『使徒行伝 中巻』(新教出版社、201410月)
荒井献『使徒行伝 下巻』(同上、20163月)

辻学

 

小河陽『新約聖書に見るキリスト教の諸相』関東学院大学出版会、20175

村山盛葦

 

川島貞雄『聖書における食物規定:イエスを中心として』教文館、201612

焼山満里子

 

田川建三『新約聖書訳と註 第七巻 ヨハネ黙示録』作品社、20178

戸田聡

 

Hisayasu Ito, The Story of Jesus and the Blind Man : A Speech Act Reading of John 9 (Acta Theological Supplementum 21, Bloemfontein : University of Free State, 201512

石川立


鵜沼裕子『近代日本キリスト教との対話 その信の世界を探る』聖学院大学出版会、20179

岩野祐介

 

落合建仁『日本プロテスタント教会史の一断面 信仰告白と教会合同運動を軸として』日本基督教団出版局、20179

山口陽一

 

宮平望『ジョン・マクマレー研究 キリスト教と政治・社会・宗教』新教出版社、20178

岩城聡

 

三代川寛子『東方キリスト教諸教会―研究案内と基礎データ』明石書店、20178

久松英二

 

山下和也『カントと敬虔主義──カント哲学とシュペーナー神学の比較』晃洋書房、20162

南翔一朗

 

吉田隆『カルヴァンの終末論』教文館、20176

関川泰寛

 

稲垣良典『カトリック入門 日本文化からのアプローチ』筑摩書房、201610

片山寛

 

佐藤啓介『死者と苦しみの宗教哲学―宗教哲学の現代的可能性』晃洋書房、20174

土井健司

 

田中久美子編『ヨーロッパ中世美術論集2 黙示録の美術』竹林舎、20162

龍真未

 

郭南燕 編著『キリシタンが拓いた日本語文学――多言語多文化交流の淵源』明石書店、2017

釘宮明美

動向と総括

「3・11東日本大震災・福島原発事故」とキリスト教

芦名定道

シンポジウム

宗教改革とポスト近代

 

 

ルターの脱構築(déconstruction

江口再起

 

「ルターと近代世界」という主題はすでに解決済みなのか

深井智朗

 

英国宗教改革と“VIA MEDIA”-アングリカニズムの立場から-

西原廉太

英文報告

 

土井健司

報告

 

事務局

編集後記

 

芦名定道