東京事務局
Tokyo Office
〒110-0005
東京都台東区上野 3-20-8 
小島ビル
FAX.+81-(0)3-3834-7057
郵便振替口座番号:
00160-0-193033
e-mail: hosekigakkai.nippon@gmail.com
 

ようこそ宝石学会のホームページへ

宝石学会(日本)は、わが国唯一の宝石に関する学術団体で、1974年に創立しました。
定期刊行物として、宝石学会誌を出版し、年に1回の総会・講演会(学会発表)を開催しております。
 
新着情報 >> 記事詳細

2016/10/15

宝石学会(日本)シンポジウム開催のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by diamond


 宝石学会(日本)のシンポジウムを下記の要領にて開催いたします。

【テーマ】
 中国におけるダイヤモンドの高圧合成

【趣 旨】
 最近、メレサイズの高圧合成ダイヤモンドが宝飾品に混入するようになってきて、その鑑別が問題になっています。現在、中国では多量のダイヤモンドが合成されていることから、中国でのダイヤモンドの高圧合成の現状と今後について、中国のダイヤモンド合成研究者に講演してもらいます。

【日 時】 

 2016年 1029日(土) 

・シンポジウム 15:30 18:00 (15:00受付開始)

・懇親会    18:0020:00

【会場(シンポジウム、懇親会)】

TKP上野ビジネスセンター(東京都台東区東上野2丁目187)

【プログラム】

15301550

 「ジュエリーの中の合成ダイヤモンド」 

  北脇裕士氏(中央宝石研究所)

  ジュエリーに使われている合成ダイヤモンドについての最近の論文や記事の紹介。

15501710

 「中国におけるダイヤモンド高圧合成の今」

  賈暁鵬(Xiaopeng Jia) 教授

  NationalLab of Superhard MaterialsJilin University, China

  中国の企業や大学での高圧合成ダイヤモンドの研究開発や生産の現状の紹介。

  講師紹介:1996年筑波大学で博士号取得後、金属材料技術研究所(現物質・材料研究機構)で
  博士研究員。
1999年帰国し現職。現在、河南理工大学材料科学与工程学院特聘教授も併任。
  ダイヤモンドの高圧合成研究を続け多くの若手研究者を育成。日本滞在が長く、日本語も得意。

17101720 休憩

17201800 質疑応答 

【定 員】

70名(先着順) 定員に達しました

【参加費】

・シンポジウム:宝石学会(日本)会員 無料、非会員 2,000

・懇親会:宝石学会(日本)会員 3,000円、非会員 4,000

【参加方法】

・当ホームページ左側の「シンポジウム申込」あるいは下記のファックスにてお申込ください. 
 定員に達しましたので締め切りとさせていただきます.
【問い合わせ先】

 宝石学会(日本)事務局
 
e-mail: hosekigakkai.nippon@gmail.com

 Fax: 03-3834-7057

主催 宝石学会(日本)


12:43 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | お知らせ

宝石学会(日本) シンポジウム開催は終了しました

【テーマ】  合成ダイヤモンド~単結晶の合成技術とその特徴~

【日 時】  2015123日(木)
 ・シンポジウム 15:00~17:30 
 ・懇親会     18:00~20:00

【会 場】
 ・シンポジウム JJA会館

 ・懇親会  雅亭

プログラム
1. 多様なダイヤモンド
  神田久生 (宝石学会(日本) 会長、元物質・材料研究機構

    ダイヤモンドの形や色は、成長時の条件や成長後の処理により不純物の種類や量が変わり、
    形や色は様々です。その多様さを概説しました。

2. 高品質単結晶ダイヤモンドの高圧合成とその特徴

  角谷 均 (住友電気工業株式会社)

    超高圧下の温度差法による単結晶ダイヤモンドの合成技術が進展し、最近では1cmを超える
    大型で、天然ダイヤモンドを凌ぐ品質の単結晶が合成可能となっています。この大型高品質
    単結晶の高圧合成技術とその卓越した特性を紹介しました。

3. 気相合成ダイヤモンド
  鹿田真一 (関西学院大学、元産業技術総合研究所)

    気相合成は1000℃かつ減圧下の極端な「非平衡状態」で成長させる、天然、高圧とは抜本的
    に異なる手法です。大型化、量産可能な上、結晶のコピー拡大も可能になるなど、激変しつ
    つある技術についてご紹介しました。

【参加費】  宝石学会(日本) 会員 無料 ・ 非会員 1,000円

   懇親会は、会員・非会員とも3,000円  
                                               (更新日時:2015年12月4日)

主 催:宝石学会(日本)
後 援:一般社団法人日本ジュエリー協会

 
COUNTER34411