ロシア・東欧学会
 

学会事務局

問い合わせ先
事務局長 五十嵐徳子(天理大学)
632-0032
 奈良県天理市杣之内町1050
 天理大学国際学部
 五十嵐徳子研究室気付
E-mail:jarees_office[a]yahoo.co.jp
   [a]を@に変更してください。

年会費振込先
ゆうちょ銀行
 加入者名:ロシア・東欧学会
  郵便局での払込
   00150-8-0177731
  他行からの送金
   019店 当座0177731
 
 
 

携帯用QRコード

 

ホームページ内の検索

IMAGINE Book Search

オンラインユーザー43人
302001

JSSEESとの統合が決定

 一橋大学で開かれたロシア・東欧学会及びJSSEESのそれぞれの総会において、2018年4月1日をもって両学会が統合されることが正式に承認されました。これを受けて、ロシア・東欧学会の溝端代表理事とJSSEESの林理事長との間で、合同に関する覚書が調印され、約5年間に及ぶ協議・検討を経て、新たな一歩を踏み出すこととなりました。
 ロシア・東欧学会の活動・運営に大きな変更はありませんが、JSSEES側の欧文学会誌を引き継ぎ、当面は2つの学会誌を保有することとなります。今後、JSSEESからロシア・東欧学会に70名弱の会員が移行し、ロシア・東欧学会は500人規模の学会に生まれ変わるとともに、JSSEESが培ってきた人文科学系の研究活動をさらに強化していくこととなります。
 

学会誌『ロシア・東欧研究』投稿募集中


 論文、研究ノート、書評の原稿を募集しています。応募締切は9月15日、原稿提出は11月末日です。投稿時点において40歳未満の方は、研究奨励賞(賞状、副賞5万円)の選考対象となります。

次号の学会誌に掲載予定の書評
書評(小森宏美):月村太郎編『解体後のユーゴスラヴィア』.pdf
書評(宮川絹代):沼野充義著『チェーホフ―七分の絶望と三分の希望』.pdf
書評(吉井昌彦):六鹿茂夫編『黒海地域の国際関係』.pdf
書評(山添博史):チャールズ・キング著『黒海の歴史』.pdf
書評(土田陽介):小山洋司著『EUの危機と再生―中東欧小国の視点』.pdf

書評(兵頭慎治):小泉直美著『ポスト冷戦期におけるロシアの安全保障外交』.pdf

学会誌の電子ジャーナル化

 最新号を除き、バックナンバーは、1972年の創刊号からJ-STAGEにて電子ジャーナル化されております。詳しくは、学会誌の電子ジャーナルをご参照ください。
 
お知らせ >> 記事詳細

2017/12/25

在外公館専門調査員の追加試験

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
在外公館専門調査員の追加試験を行います

 

外務省在外公館専門調査員とは、労働者派遣法の下で、わが国の在外公館(大使館、総領事館、政府代表部、領事事務所)に原則2年の任期をもって派遣され、在外公館の一員としてわが国の外交活動に資するため、語学力及び専門性を生かしつつ、在外公館長の指揮監督の下に、派遣国・地域の政治、経済、文化等に関する調査・研究及び館務補助の業務を行なうものです。

 

☆第一次試験
日時:平成30年2月13日(火)10時~13時頃(2ポスト希望者は14時頃)
場所:東京都内会議室試験:筆記試験(外国語、ポストごとの専門に関する論文)

☆第二次試験
日時:平成30年2月13日(火)午後~2月16日(金)
場所:東京試験:面接試験(外国語会話、人物面接)

☆応募締切
平成30年1月22日(月)18時必着

☆旧ソ連地域の募集公館
在キルギス大使館

  

詳細は弊協会ホームページをご覧ください。http://www.ihcsa.or.jp/zaigaikoukan/zaigaikoukansencho-01/ 
08:58 | その他