ロシア・東欧学会
 

学会事務局

問い合わせ先
事務局長 五十嵐徳子(天理大学)
632-0032
 奈良県天理市杣之内町1050
 天理大学国際学部
 五十嵐徳子研究室気付
E-mail:jarees_office[a]yahoo.co.jp
   [a]を@に変更してください。

年会費振込先
ゆうちょ銀行
 加入者名:ロシア・東欧学会
  郵便局での払込
   00150-8-0177731
  他行からの送金
   019店 当座0177731
 
 
 

携帯用QRコード

 

ホームページ内の検索

IMAGINE Book Search

オンラインユーザー31人
263924

JSSEESとの統合が決定

 一橋大学で開かれたロシア・東欧学会及びJSSEESのそれぞれの総会において、2018年4月1日をもって両学会が統合されることが正式に承認されました。これを受けて、ロシア・東欧学会の溝端代表理事とJSSEESの林理事長との間で、合同に関する覚書が調印されます。約5年間に及ぶ協議・検討を経て、新たな一歩を踏み出すこととなりました。
 ロシア・東欧学会の活動・運営に大きな変更はありませんが、JSSEES側の欧文学会誌を引き継ぎ、当面は2つの学会誌を保有することとなります。今後、JSSEESからロシア・東欧学会に100名弱の会員が移行し、ロシア・東欧学会は500人規模の学会に生まれ変わるとともに、JSSEESが培ってきた人文科学系の研究活動をさらに強化していくこととなります。
 

学会誌『ロシア・東欧研究』投稿募集中


 論文、研究ノート、書評の原稿を募集しています。応募締切は9月15日、原稿提出は11月末日です。投稿時点において40歳未満の方は、研究奨励賞(賞状、副賞5万円)の選考対象となります。

次号の学会誌に掲載予定の書評
書評(宮川絹代):沼野充義著『チェーホフ―七分の絶望と三分の希望』.pdf

学会誌の電子ジャーナル化
 最新号を除き、バックナンバーは、1972年の創刊号からJ-STAGEにて電子ジャーナル化されております。詳しくは、学会誌の電子ジャーナルをご参照ください。
 
お知らせ >> 記事詳細

2017/06/26

自由論題報告 募集延長

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
自由論題報告募集(7 月7 日締め切り)、若手会員には旅費等を支給
 自由論題報告を希望される会員は、①氏名、②住所、③電話番号、④所属、⑤報告タイトル、⑥報告要旨(約400 字)を7 月7 日(必着)までに学会事務局へ、学会ウェブサイトのお問い合わせフォームまたはメールでお知らせ下さい。なお、応募者多数の場合は、理事会にて人数調整を行う場合があります。
 自由論題報告を行う若手会員への旅費等の助成は、5 万円を上限として、交通費、宿泊費、懇親会費などが助成の対象となり、飛行機を利用したパック旅行も適用されます。院生はもとより、専任・常勤職を持たない若手会員も対象となります。また、2016 年度以前に助成を受けた方も再応募は可能ですが、2017~2019 年度の間の利用は一回のみとなります。多くの若手会員の皆様のご利用をお待ちしております。
09:10 | 事務局から