日本青年心理学会
 

事務局

606-8501 京都市左京区吉田二本松町 京都大学高等教育研究開発推進センター 溝上研究室気付
日本青年心理学会事務局

E-mail:
seinenshinri<at>gmail.com
※<at>を@に置き換えてお使いください

郵便振替:
00940-6-273417
加入者名:日本青年心理学会

電話:
075-753-3047
      
ご連絡はできるだけE-mailにてお願いします
 
お知らせ
information >> 記事詳細

2017/02/09

日本青年心理学会研究委員会ワークショップのご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by jsyap事務局
日本青年心理学会研究委員会ワークショップのご案内
「現代青年の生活時間の意味づけ-各種調査にみる青年の諸活動に対する評価」
 
 日本青年心理学会研究委員会では,2月18日(土)に東京女子大学にて,ワークショップを開催いたします。会員のみなさまには,ふるってご参加いただきますよう,お願い申し上げます。
****************************************
 日本青年心理学会研究委員会では,2015年から取り組む長期的テーマを「青年を取り巻く時代・文化」とし,時代や文化から,現代青年の心理・発達や対人関係について理解を深めようとしています。
 2015年には,時代的・文化的素材としてマンガ・アニメ・ゲームを取り上げ,対象者のそれらの活動へのコミットの程度によるパーソナリティ的な特徴とともに,いずれにもコミットしない若者が大多数であることも明らかにすることができました。
 2016年には,現代青年はどのような余暇的時間を過ごしているのかについて検討し,現代青年は,余暇的時間はもてているが,必ずしも余暇的時間の使い方には満足していないことが明らかとなった。
本ワークショップでは,余暇的活動を含め,現代青年が自身の諸活動についてどのような評価・意味づけをしているかに着目し,各種調査で得られた結果を概観するとともに,そのような諸活動の評価・意味づけが,青年の精神的健康や発達にどのような意味があるのかについて議論したいと思います。多くの方のご参加をお待ちしております。

日時:2017年2月18日(土)14:00~17:00 (終了後,懇親会がございます)
会場:東京女子大学 9号館 9202教室
    アクセス:http://office.twcu.ac.jp/univ/access/
    キャンパスマップ:http://office.twcu.ac.jp/univ/about/campus/map/
話題提供:髙坂康雅(和光大学)

連絡先:ykosaka@wako.ac.jp (髙坂康雅)
     ※ワークショップのみご参加の方は,直接会場に行っていただければ結構です。懇親会にも参加される方は,予約の都合上,2月13日(月)までにご連絡いただけると幸いです。

17:37

お願い

本ホームページ(メールを含む)では青年心理学に関する学術上のご質問については受け付けておりません。
そうしたお問い合わせを頂きましても,回答致しかねますのでご了承ください。