ロシア・東欧学会
 

学会事務局

問い合わせ先
事務局長 五十嵐徳子(天理大学)
632-0032
 奈良県天理市杣之内町1050
 天理大学国際学部
 五十嵐徳子研究室気付
E-mail:jarees_office[a]yahoo.co.jp
   [a]を@に変更してください。

年会費振込先
ゆうちょ銀行
 加入者名:ロシア・東欧学会
  郵便局での払込
   00150-8-0177731
  他行からの送金
   019店 当座0177731
 
 
 

携帯用QRコード

 

ホームページ内の検索

IMAGINE Book Search

オンラインユーザー45人
246724

2017年研究大会 オンライン参加登録受付中

 2017年の研究大会は、JSSEESとの合同により、10月21日(土)・22日(日)に一橋大学(東京都国立市)にて開催されます。今回はロシア・東欧学会の大会開催校が担当します。通常の研究大会プログラム(共通論題、自由論題)となり、共通論題テーマは「トランプ現象とロシア・東欧地域(仮)」です。2017年大会プログラム.pdf
 オンライン参加登録を受付中です。本年度は、大会開催校である一橋大学のサイトから登録をお願いします。登録期限は10月10日(火)です。
登録先:https://hrs.ad.hit-u.ac.jp/v33/entries/add/70
問い合わせ先:jarees2017@ier.hit-u.ac.jp(ロシア東欧学会2017一橋事務局)
 
 

学会誌『ロシア・東欧研究』投稿募集中


 論文、研究ノート、書評の原稿を募集しています。応募締切は9月15日、原稿提出は11月末日です。投稿時点において40歳未満の方は、研究奨励賞(賞状、副賞5万円)の選考対象となります。

次号の学会誌に掲載予定の書評
書評(宮川絹代):沼野充義著『チェーホフ―七分の絶望と三分の希望』.pdf

学会誌の電子ジャーナル化
 最新号を除き、バックナンバーは、1972年の創刊号からJ-STAGEにて電子ジャーナル化されております。詳しくは、学会誌の電子ジャーナルをご参照ください。
 
お知らせ >> 記事詳細

2017/07/25

シンポジウムのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局
公開シンポジウム:若者の未来に向けて「グローバル化と地方再生のための人材育成」

 

主 催:日本学術会議政治学委員会比較政治分科会
共 催:立教大学グローバル都市研究所 

日 時:平成29年7月29日(土)15:00~18:00 

場 所:青山学院大学 総研ビルディング、12階大会議室 (国際会議場)

   

<次 第> 15:00-18:00
15:00 開会挨拶(5分)
 杉田敦(日本学術会議、第一部部長、法政大学教授)
15:05 趣旨説明(5分)
 羽場久美子(日本学術会議、政治学委員会副委員長、青山学院大学大学院国際政治経済学部 教授)

 

報告(15:10-16:30)(各15分)

苅部直(日本学術会議連携会員、東京大学大学院法学研究科教授)

「グローバル・地方再生人材育成とは何か」
小川有美 (日本学術会議連携会員、立教大学法学部教授)
「ヨーロッパの目指す知識協働社会と人材育成」

羽場久美子(日本学術会議会員、青山学院大学大学院国際政治教授)

「戦略としての知の組織化、若者育成」
竹中亨(元大阪大学大学院教授、大学改革支援・学位授与機構 研究開発部)
「高等教育での人材育成―ヨーロッパの経験に学ぶ」
杉村美紀(上智大学副学長)
「アジア諸国とのネットワーク形成と大学改革」

 

コメンテイター(各15分)(16:30-17:00)

本田由紀(日本学術会議第一部会員、東京大学社会科学研究所教授)

「教育学の立場から」

小磯修二(前釧路公立大学長)

「地域における改革実践」

猪口孝(前新潟県立大学学長)

「日本の国際化と大学の未来」

 

フロアとの討論(17:00-17:50)  
閉会挨拶(17:50-18:00) 
   河田潤一(日本学術会議、政治学委員会委員長 神戸学院大学教授)
15:37 | イベント案内