この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

大会のプログラム

Program >> 記事詳細

2012/08/17

2012年度大会プログラム(2)パネル・共通論題

Tweet ThisSend to Facebook | by:russianhistory管理者1
★パネル「科学とソヴィエト権力:対抗・協調・縺れ」
※ニューズレター86号にあるクレメンツォフ報告は、コジェヴニコフ報告にかわりました。

■趣旨説明:市川浩:「開会にあたって」
■Alexei Kojevnikov (University of British Columbia) (“Science as a Co-producer of Soviet Polity)
■金山浩司:「科学とイデオロギーの狭間で―戦前期ソ連における物理学をめぐる論争の
弁証法」(仮)
■Slava Gerovitch (Massatusetts Institute of Technology):「社会主義下のイノ
ヴェーション-戦後ソヴィエト数学の公式の構造と非公式のメカニズム- 」
■コメンテータ―:梶雅範

★共通論題:「『祖国戦争』200 年に寄せて―軍隊と社会
■趣旨説明:豊川浩一
■田中良英:「18 世紀前半ロシア軍事史の諸問題―エリート部隊を中心に―(仮題)」
■松村岳志:「1812 年前後のロシア軍の精神」
■池本今日子:「聖書協会と神聖同盟条約と、その背景としての1812 年(仮題)」
■コメンテーター:淺野明
12:15