東京事務局
Tokyo Office
〒110-0005
東京都台東区上野 3-20-8 
小島ビル
FAX.+81-(0)3-3834-7057
郵便振替口座番号:
00160-0-193033
e-mail: hosekigakkai.nippon@gmail.com
 

ようこそ宝石学会のホームページへ

宝石学会(日本)は、わが国唯一の宝石に関する学術団体で、1974年に創立しました。
定期刊行物として、宝石学会誌を出版し、年に1回の総会・講演会(学会発表)を開催しております。
 
新着情報 >> 記事詳細

2017/06/15

平成29年度 宝石学会(日本)総会・講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by diamond

平成29総会・一般講演会は,早稲田大学国際会議場で611日に開催されました.


 前日の6月10日には,早稲田大学教育学部地球科学教室の鉱物標本室を見学し,同大の院生が発見した新鉱物の丸山電気石(Maruyamaite)(図-1)や愛媛県市ノ川産輝安鉱(Stibnite)(図-2)などを見学した.参加者54名.
 その後,真珠をテーマとした特別講演「真珠の品質要素であるテリの物理・化学的論究及び測定法の試み」・「『宝石』の王者としての真珠の歴史-真珠がダイヤモンドより高価だった時代」を開催し,講師は真珠科学研究所の小松博氏と歴史研究者の山田篤美氏(図-3)らによりそれぞれ講演された.参加者57名.特別講演の要旨についてはJ-stagehttp://www.jstage.jst.go.jp/browse/gsj/-char/ja/を参照にされたい.


  図ー1 微小ダイヤモンドを含む       図ー2 愛媛県市ノ川産輝安鉱
                 丸山電気石(赤色破線内)

 

 図ー3 特別講演中の講師の山田氏(右)と司会の神田会長(左)

 6月11日は,早稲田大学国際会議場(図-4)で総会・一般講演を開催した.参加者73名.一般講演の要旨についてはJ-stagehttp://www.jstage.jst.go.jp/browse/gsj/-char/ja/を参照にされたい.講演終了後は早大正門前の眺めのよい15階で懇親会を開催した(図-5).参加者53名.


 図ー4 総会・一般講演会の会場となった早稲田大学国際会議場
 


   図ー5 眺めがよい懇親会場(挨拶中の山崎会員)
13:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 総会・講演会

宝石学会(日本) シンポジウム開催は終了しました

【テーマ】  合成ダイヤモンド~単結晶の合成技術とその特徴~

【日 時】  2015123日(木)
 ・シンポジウム 15:00~17:30 
 ・懇親会     18:00~20:00

【会 場】
 ・シンポジウム JJA会館

 ・懇親会  雅亭

プログラム
1. 多様なダイヤモンド
  神田久生 (宝石学会(日本) 会長、元物質・材料研究機構

    ダイヤモンドの形や色は、成長時の条件や成長後の処理により不純物の種類や量が変わり、
    形や色は様々です。その多様さを概説しました。

2. 高品質単結晶ダイヤモンドの高圧合成とその特徴

  角谷 均 (住友電気工業株式会社)

    超高圧下の温度差法による単結晶ダイヤモンドの合成技術が進展し、最近では1cmを超える
    大型で、天然ダイヤモンドを凌ぐ品質の単結晶が合成可能となっています。この大型高品質
    単結晶の高圧合成技術とその卓越した特性を紹介しました。

3. 気相合成ダイヤモンド
  鹿田真一 (関西学院大学、元産業技術総合研究所)

    気相合成は1000℃かつ減圧下の極端な「非平衡状態」で成長させる、天然、高圧とは抜本的
    に異なる手法です。大型化、量産可能な上、結晶のコピー拡大も可能になるなど、激変しつ
    つある技術についてご紹介しました。

【参加費】  宝石学会(日本) 会員 無料 ・ 非会員 1,000円

   懇親会は、会員・非会員とも3,000円  
                                               (更新日時:2015年12月4日)

主 催:宝石学会(日本)
後 援:一般社団法人日本ジュエリー協会

 
COUNTER41706