この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
現在、登録業務を停止しています。
ロシア史研究会
 
Webサイトアドレス変更のお知らせ


  平素よりロシア史研究会のサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。
  この度、ロシア史研究会のサイトは、リニューアルし、
  Webサイトアドレス(URL)を下記の通り変更させていただきます。
 
    旧Webサイト:http://www.gakkai.ac/russian_history/
 
    新Webサイト:https://www.roshiashi.com/ 

  旧Webサイトにつきましては2019年6月末日をもってアクセスができなくなりますので、
  お手数ですが、お気に入りやブックマークに登録されている方は変更をお願いいたします。
  今後は、新Webサイトより最新情報をご覧ください。
  今後ともご愛顧賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 
ロシア史研究会事務局

〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻
鶴見研究室気付

taro_tsurumi/あっと/yahoo.co.jp
(/あっと/を@に変換してください)
 

事務局からのお知らせ

Information >> 記事詳細

2018/03/06

ウクライナ・ナショナリズムに関する研究会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by russianhistory管理者1

【日程変更(3/9更新)】ウクライナ・ナショナリズムに関する研究会のお知らせ

 

以下の要領で、中央ヨーロッパ大学/ウクライナ・カトリック大学(リヴィウ)の

オスタプ・セレダさん (https://people.ceu.edu/ostap_sereda)

を招いた研究会を行います。ご関心のある方のご参加をお待ちしております。

 

 

1. ガリツィアにおける「他者」の創造/想像

日時:316日(金)、16:00-18:00【日程変更しました】

場所:東京外国語大学本郷サテライト5F会議室

報告者:オスタプ・セレダ(Ostap Sereda、中央ヨーロッパ大学/ウクライナ・カトリック大学、リヴィウ)

論題: "Ruthenian (Ukrainian) ContestedIdentities and Public

Self-Representation in the Cities ofAustrian Galicia (1860-70s)"

司会:篠原 琢

 

概要

The emerging urban public sphere providedin the 1860s and 70s various

possibilities for elaboration of newmeanings of the traditional

concepts of the Ruthenian identity and newvenues for debates between

several competing groups of educatednational activists who promoted

different concepts of self-identification:conservative 'old

Ruthenian', Polish, Ukrainian andpan-Russian. The participation in

such emerging public sphere was possiblenot only through practices of

intellectual communication and reading, buteven more through public

or semi-public performance. The detailedanalysis of newly emerging

tradition of Ruthenian balls and literaryevenings will demonstrate

the role of various Ruthenian nationalprojects in Galician urban

public space.

 

 

2.ウクライナ・ナショナリズムの成立

日時:314日(水)、16:00-18:00

場所:東京外国語大学府中キャンパス・海外事情研究所(427室)

報告者:オスタプ・セレダ(Ostap Sereda、中央ヨーロッパ大学/ウクライナ・カトリック大学、リヴィウ)

論題:"Intelligentsia and Peasantry inUkrainian National Project in the

Long Nineteenth Century: the Rise ofNational Populism."

司会:篠原 琢

 

概要

Intelligentsia and peasantry weretraditionally seen as the two main

social groups that definednineteenth-century Ukrainian national

project. The interconnected formation andtransformation of the

concepts of “intelligentsia” and“peasantry” in Ukraine will be

analyzed in connection with the emergenceof the specific Ukrainian

version of East European peasant-orientedpopulism. The task of social

emancipation and enlightenment of peasantrybecame central part of

moral mission of the Ukrainianintelligentsia that viewed the

peasantry as a key social and culturalsymbol of the Ukrainian

people/nation (narod). By the 1860s theUkrainian national populism

(narodnytstvo/narodoliubstvo) became thedominant intellectual

paradigm in the national project. It sharedmany important postulates

with the Russian and also Polish varietiesof the populism, but

eventually developed into a separatephenomenon.


14:31
203351access