学会事務局

〒890-0065
鹿児島県鹿児島市郡元1-21-24
鹿児島大学農学部
育林学研究室(気付)

日本熱帯生態学会事務局
(幹事長 鵜川信)

TEL: 099-285-8572
FAX: 099-285-8572
e-mail: jaste.adm@gmail.com

会員管理窓口
TEL: 03-3893-3692
FAX: 03-3893-3603
e-mail: jaste
@soubun.com

 
日本熱帯生態学会公式ウェブサイトへようこそ
日本熱帯生態学会は、熱帯地域の生態学的研究の進歩と研究成果の交流と普及に努めます。

熱帯地域の生態学的研究といっても、熱帯生態学という確立した学問分野があるわけではありません。それぞれの研究者がそれぞれの研究方法によって熱帯地域の理解を深めていけばよいのですが、熱帯地域の自然に対する開発の進み方を考えると、熱帯地域の自然と人間生活をどのようにして持続的なものとして維持し発展させるかという視点が重要になってくることは避けられません。

生物過程が主体となった自然生態系に注目するだけでなく、自然を組織している社会的なしくみにも目をつぶってはならないでしょう。このような意味でこれからの熱帯研究はより広い視野を求められるに違いありません。幅の広いさまざまな研究成果の相互交流が重要です。さらに研究成果は学会が独占すべきものではありません。広く社会に還元し、熱帯地域に生じている社会と自然をめぐる諸問題が正しく理解され、解決されるよう努力する必要があります。

日本熱帯生態学会は以上のような趣旨にもとづき、1990年7月22日に設立されました。



当ウェブサイトについて


このサイトは日本熱帯生態学会事務局広報幹事によって運営されています。
サイトに関するお問い合わせ、記事掲載依頼などは、広報幹事の北村までメール(shumpei (at) ishikawa-pu.ac.jp)にて、お知らせください。
 
NEWS
最新情報
12345
2017/05/20new

平成29年度途上国森林再生技術普及事業 業務委託先の公募

| by jaste事務局
国際緑化推進センター(JIFPRO)では、林野庁の補助事業にて、以下の業務委託を公募します。

1.背景・目的
森林の減少及び劣化に由来する排出量が全世界の排出総量の約1割を占めていること、森林の造成等を除き人為的に温室効果ガスを大量に吸収する技術が確立されていないことから、排出と吸収を均衡させるためには、森林の減少や劣化を大幅に抑制するとともに、森林の大規模な再生が必要不可欠です。

本委託業務では、途上国の劣化が進んだ森林や開発後に放棄され荒廃した土地等において、効果的な森林の再生に大きく貢献すると見込まれる技術を民間企業等から公募します。また、技術を提案した民間企業等に対し、途上国における森林再生技術の開発及び普及のために、実証試験を通した調査業務を委託します。
 
2.業務内容
途上国における効果的な森林の再生に大きく貢献すると見込まれる技術のうち、現場適用性の観点から現地での実証試験が必要とされるものを提案して頂き、実際に、当該途上国において実証試験を実施し、その結果をもって提案技術の確立及び普及をして頂きます。

3.お問い合わせ
公募に関する詳細は、下記URLをご参照ください。
http://www.jifpro.or.jp/News/disclusure_News/Forest_Registration.html

業務内容に関するお問い合わせ、ならびに応募書類の提出は下記までお願いいたします。なお、提案書の提出はメールでは受付かねますのでご注意ください。

〒112-0004 東京都文京区後楽1-7-12 林友ビル3F
公益財団法人 国際緑化推進センター (担当:柴崎・仲摩)
電話:03-5689-3450 / E-mail: kazuki@jifpro.or.jp
13:57 | お知らせ
2017/05/20new

ニューズレターNo. 107公開

| by jaste事務局
事務局通信 第27回日本熱帯生態学会年次大会最終案内
辻 貴志 フィリピン・セブ島のスイギュウ乳チーズ(keso)(2)

http://www.gakkai.ac/jaste/nl/
09:50 | ニューズレター
2017/05/06

第5回SWAT(Soil & Water Assessment Tools)会議のお知らせ

| by jaste事務局
第5回SWAT(Soil & Water Assessment Tools)会議が開催されます。
下記Scope of the Conferenceのとおり、幅広い視野で開かれる会議です。
興味のあられる方はぜひご参加ください。

Dear Dato’ /Datin /Prof. /Assoc. Prof. /Dr. / Sir /Madam

On behalf of the conference organizing committee, it is with great
pleasure that we invite you all to join us at the 5th SWAT (Soil &
Water Assessment Tools) Workshop & Conference in South East & East
Asia (SWAT SEEA IV) that will be held as follows:

Date: 23 - 26 October 2017
Venue: Hotel Bangi-Putrajaya Bandar Baru Bangi, Selangor, Malaysia.

Registration Fees (per person):
Category Conference Workshop
Non -Members RM1200 (USD 300) RM400 (USD100)
MSSS Members RM1000 RM300
Local students* RM800 RM250
International students * USD200 USD75

* After the deadline (July 1) the registration fee will be RM 200 (USD
50) higher per person.

Abstract Deadline:
1st July 2017

Scope of the Conference:
Watershed Management Modelling
Climate Change Applications
Modelling Calibration Sensitivity and Uncertainty
Crop Modelling
Environmental Management
Contamination and Pollution
Nutrients and Carbon Dynamic
GIS Application and Database and Development
Urban Processes and Management
Forestry Modelling
SWAT Applications Incorporating Rice Production
Reviews of SWAT Applications

For more information, please refer to our website
SWAT Official Website: http://swat.tamu.edu/conferences/2017-malaysia/
MSSS Official Website: http://www.msss.com.my/
Registration form: https://goo.gl/forms/2W27wjljgHt1TfuK2

Please kindly extend this invitation to your postgraduate students and
your counterparts in other institutions as well.

Best Regards,
Secretariat of SWAT SEEA 2017
email: swatseea2017@gmail.com

16:28 | お知らせ
2017/03/26

「第8回日本学術振興会 育志賞」 受賞候補者の推薦依頼

| by jaste事務局
日本学術振興会より「第8回日本学術振興会 育志賞」受賞候補者の推薦依頼が来ております。本賞は、将来、我が国の学術研究の発展に寄与することが期待される優秀な大学院博士課程学生を顕彰するものです。

詳細については、以下のサイトをご覧ください。

ご推薦いただける方がいらっしゃいましたら、記入要領(上記のサイトよりダウンロードできます)の共通事項をご確認の上、以下の2つの様式をダウンロード、作成し、学会事務局宛(jaste.adm@gmail.com)メールにてご提出ください。

なお、様式3は、研究指導者と候補者の研究を理解している研究者が作成するものです。様式4は、候補者本人が作成するものです。

締切:2017年4月30日(日)
提出書類:
   様式3(日本学術振興会育志賞推薦理由書)
   様式4(日本学術振興会育志賞研究の概要等)
書類送付先:jaste.adm@gmail.com

12:20 | お知らせ
2017/03/07

第27回日本熱帯生態学会年次大会のHP公開

| by jaste事務局
第27回日本熱帯生態学会年次大会の大会サイトが公開されました。

http://cpi.kagoshima-u.ac.jp/jaste27/

研究発表される方は大会参加申し込みを4月28日(金)17時までに済ませてください。
要旨提出締め切りは5月12日(金)12時必着です。
08:36 | 集会案内
2017/02/23

第5回 生物多様性日本アワード プロジェクト公募のお知らせ

| by jaste事務局
公益財団法人イオン環境財団では、第5回「生物多様性 日本アワード」の応募案件を募集しております。

「生物多様性日本アワード」は、2010年に名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催されるのに先立ち、2009年に創設されました。第5回を迎える今回も、日本国内の団体(任意団体を含む)、個人、企業、学校法人・研究機関を対象に、「生物多様性の保全と持続可能な利用に関するプロジェクト」を広く公募し、優秀な事例を顕彰します。

グランプリ受賞者(1件)には表彰状と副賞200万円が、優秀賞(4件)には表彰状と副賞100万円がそれぞれ贈呈されます。

本賞の公募において、皆様から、よりフィールドに根差した多様なプロジェクトのご応募をいただければと存じます。

詳細: 公益財団法人イオン環境財団サイト https://www.aeon.info/ef/ 
締切: 2017年5月10日(水)
主催: 公益財団法人イオン環境財団
後援: 環境省、国連生物多様性の10年日本委員会
17:15 | お知らせ
2017/02/17

第14回日本学術振興会賞受賞候補者の推薦について

| by jaste事務局
日本学術振興会より「第14回日本学術振興会賞」受賞候補者の推薦依頼が来ております。

本賞は、創造性に富み優れた研究能力を有する若手研究者を顕彰し、その研究意欲を高め、研究の発展を支援することにより、我が国の学術研究の水準を世界のトップレベルにおいて発展させることを目的としています。

詳細については、以下のサイトをご覧ください。
http://www.jsps.go.jp/jsps-prize/

ご推薦いただける方がいらっしゃいましたら、学会事務局宛(jaste.adm@gmail.com)メールにて3月10日(金)までにご連絡く ださい。

なお、本賞では、機関長(学会長)からの推薦のほか、個人推薦も受け付けています。
19:16 | お知らせ
2017/02/17

2017 Tropical Biology Association Field Courses

| by jaste事務局
マレーシアのダナムバレイ森林保護区で、2017 Tropical Biology Association Field Courses(2017年10月開催)が企画されています。ダナムバレイ自体は、東南アジアではすでに稀少となった手つかずの熱帯雨林が残っている貴重な場所です。ここで1ヶ月のフィールドコースを受講できることは、興味のある若い方にとっては、代えがたい経験だと思いますので、広報いたします。

参加申込〆切は2月20日です。
日が迫っておりますが、興味のあられる方は以下のHPからお申し込みください。
http://www.tropical-biology.org/field-course/borneo/

なお、ダナムバレイ保護区に一番近い(国内線の)空港がある、Lahad Datuという町は、外務省から「渡航中止勧告」が出ているエリアになります。
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2016T223.html#ad-image-0

ダナムバレイ自体は、勧告が出ているエリアからは外れていますが、Lahad Datuの町に泊まるのは避けた方がよいと思われますので、参加される方はご留意願います。
15:59 | お知らせ
2017/02/15

ニューズレターNo. 106公開

| by jaste事務局

事務局通信 第27回日本熱帯生態学会年次大会案内

藤田知弘 熱帯林パッチ形成過程における種子散布と促進効果の重要性

辻 貴志 フィリピン・セブ島のスイギュウ乳チーズ(kesiyo)(1

 

http://www.gakkai.ac/jaste/nl/


19:44
2017/01/19

「フォレストパートナーシップセミナー2017」開催

| by jaste事務局
企業×NGOで世界の森を守る~インドネシア・スタディツアー報告会
「フォレストパートナーシップセミナー2017」開催のご案内

国際緑化推進センターでは環境省委託事業として「フォレストパートナーシップセミナー2017」を以下の要領にて開催致します。本セミナーは日本企業のCSR担当者の皆様を対象に昨年12月上旬に実施させて頂いた「国内企業のための海外森林保全活動スタディツアー(インドネシア)」の活動報告をメインに行うものです。

冒頭、早稲田大学森川靖名誉教授によるツアー講評ならびに海外植林、森林保全に関わる課題についてお話し頂く他、ツアーレポート部分ではツアー参加者の方々に本スタディツアーでの学び、自社のCSR戦略等の開示をして頂く予定です。植林・森林保全への関心が高い企業関係者、NGO/NPO、関連研究機関の皆様にとって貴重な情報共有の機会となると存じます。奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。



[日時] 平成29年1月30日(月)PM6:45~PM8:30(PM6:30開場)
[場所]  コンベンションルームAP新橋虎ノ門(〒105-0003東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル―日本酒造虎ノ門ビル3F Jルーム)

https://www.tc-forum.co.jp/kanto-area/ap-shinbashitoranomon/tr-base/

[プログラム]

1.    主催者ご挨拶:環境省自然環境局自然環境計画課課長補佐 中野 彰子様

2.    ツアー講評並びに海外植林・森林保全事業の勘所:早稲田大学 森川靖名誉教授

3.    ツアーレポート:
   豊田通商 環境推進室室長 五十嵐浩司様
   日本開発サービス 調査部主任研究員 坂井茂雄様
   サイエンス 熱帯・アジア環境再生プロジェクト室室長 森 尚様
   兼松 鉄鋼・素材・プラント統括室 矢崎 慎介様 (以上予定)

4.    ディスカッション 

[参加] 無料(但し先着35名とさせて頂きます)

[申込方法]

当センターHPよりお申し込み願います(要事前申し込み1月27日締め切り)。

http://www.jifpro.or.jp/Activities/Human_Resources/Human_Resources_ENV_studytour_seminar.html

【問い合せ窓口:藤村】  <Tel:03-5689-3450 E-mail:kenji@jifpro.or.jp>
12:37 | 集会案内
12345