学会事務局

〒739-8529
広島県東広島市鏡山1-5-1
広島大学国際協力研究科
開発技術講座

日本熱帯生態学会事務局
(幹事長 保坂哲朗)

TEL: 082-424-6929
FAX: 082-424-6929
e-mail: jaste.adm@gmail.com

会員管理窓口
TEL: 03-3893-3692
FAX: 03-3893-3603
e-mail: jaste
@soubun.com

 
日本熱帯生態学会公式ウェブサイトへようこそ
日本熱帯生態学会は、熱帯地域の生態学的研究の進歩と研究成果の交流と普及に努めます。

熱帯地域の生態学的研究といっても、熱帯生態学という確立した学問分野があるわけではありません。それぞれの研究者がそれぞれの研究方法によって熱帯地域の理解を深めていけばよいのですが、熱帯地域の自然に対する開発の進み方を考えると、熱帯地域の自然と人間生活をどのようにして持続的なものとして維持し発展させるかという視点が重要になってくることは避けられません。

生物過程が主体となった自然生態系に注目するだけでなく、自然を組織している社会的なしくみにも目をつぶってはならないでしょう。このような意味でこれからの熱帯研究はより広い視野を求められるに違いありません。幅の広いさまざまな研究成果の相互交流が重要です。さらに研究成果は学会が独占すべきものではありません。広く社会に還元し、熱帯地域に生じている社会と自然をめぐる諸問題が正しく理解され、解決されるよう努力する必要があります。

日本熱帯生態学会は以上のような趣旨にもとづき、1990年7月22日に設立されました。



当ウェブサイトについて


このサイトは日本熱帯生態学会事務局広報幹事によって運営されています。
サイトに関するお問い合わせ、記事掲載依頼などは、広報幹事の北村までメール(shumpei (at) ishikawa-pu.ac.jp)にて、お知らせください。
 
NEWS
最新情報
12345
2018/04/11

第8回(2018年度)地域研究コンソーシアム賞

| by jaste事務局
◆第8回(2018年度)地域研究コンソーシアム賞◆

現在JCASでは、2018年度地域研究コンソーシアム賞への推薦応募(自薦・他薦を問いません)を受け付けております。

詳細はJCASホームページにてご確認ください。
http://www.jcas.jp/about/82018.html

【推薦受付期間】
2018年4月2日(月)~ 4月17日(火)(必着)



17:25 | お知らせ
2018/04/01

新年度の学会事務局連絡先

| by jaste事務局
2018年4月からの日本熱帯生態学会事務局の連絡先は以下のとおりです。
------------------------------------------------------------------------------------------------
〒739-8529
広島県東広島市鏡山1-5-1
広島大学国際協力研究科開発技術講座
日本熱帯生態学会事務局(幹事長 保坂哲朗)

TEL: 082-424-6929
FAX: 082-424-6929
e-mail: jaste.adm@gmail.com
------------------------------------------------------------------------------------------------

09:00 | お知らせ
2018/03/12

第28回日本熱帯生態学会年次大会サイト

| by jaste事務局
第28回日本熱帯生態学会年次大会(静岡)のウェブサイトは以下のリンク先をご覧ください。

https://wwp.shizuoka.ac.jp/jaste28/

16:32 | 行事
2018/03/01

公益信託四方記念地球環境保全研究助成基金のお知らせ

| by jaste事務局
助成の名称: 公益信託四方(しかた)記念地球環境保全研究助成基金
応募締切日: 平成30年5月7日(月)
主催者名: 一般財団法人 自然環境研究センター 事務局 公益信託基金担当
詳細が掲載されているURL: http://www.jwrc.or.jp/service/shintaku/shikata.htm

①下記のいずれかをテーマとした、海外を場とした現地での調査をともなう独立した研究を対象とします。
1.熱帯雨林の減少、砂漠化の進行等の地球規模の自然環境問題に関する調査・研究
2.絶滅のおそれのある生物等の生態及びその保護・回復に関する調査・研究
3.人間の生活と両立する自然環境、野生生物等の管理手法に関する調査・研究
②1件あるいは2件、総額50万円を予定


22:27 | お知らせ
2018/02/24

ニューズレターNo. 110公開

| by jaste事務局
事務局通信 第28回日本熱帯生態学会年次大会案内
市川昌広・佐々木綾子 タイ北部農山村における都市への人口移動と過疎化の概況

http://www.gakkai.ac/jaste/nl/
15:58 | ニューズレター
2018/01/09

国際シンポジウムの案内

| by jaste事務局
「森林減少ゼロに貢献するグローバル・サプライチェーンの推進に関する国際シンポジウム~持続可能な開発目標(SDGs)、生物多様性愛知目標の達成の鍵となる民間セクターによる森林保全への挑戦~」の開催案内

 近年、森林減少を伴わない形で生産されたパーム油、大豆、牛肉、紙パルプ等の商品作物をサプライ・チェーンの中で取り扱う「ゼロ・デフォレステーション」の取組が、国際的に広がりつつあります。本シンポジウムでは、国際的なゼロ・デフォレステーションの取組の進展状況について、国内関係者の理解を深めるとともに、商品作物のサプライ・チェーンに関わる事業者の環境に配慮した調達等、森林減少の抑止に貢献できる取組を推進するため、国内外から企業・国際NGO・国際機関等からフロントランナーを招いて議論を行います。

日時:平成30年1月23日(火)~24日(水) 10時~17時
会場:三田共用会議所 (東京都港区三田2-1-8)
主催:農林水産省林野庁
協力:国連食糧農業機関(FAO)、国際熱帯木材機関(ITTO)
後援:外務省、環境省

【入場無料、要事前登録】当日のプログラムや申込み方法は、以下のページをご覧ください。
https://www.omc.co.jp/maffsymposium2018/input.html


14:22 | 集会案内
2017/12/19

REDD+国際セミナー「REDDプラス展開の鍵は何か?」開催の案内

| by jaste事務局
REDD+国際セミナー「REDDプラス展開の鍵は何か?」の案内

2018年2月7日(水)に、REDD+の低コストな排出削減量の評価方法や地域レベルのREDD+活動の評価について国際セミナーが開催されます(主催:森林総合研究所)。

本セミナーでは、REDD+を下支えする様々な技術的な課題について、国内外の専門家をお招きし、研究開発の成果について情報共有をします。さらに、今後のREDD+プラスへの民間参画の一層の促進に向けた課題について議論します。

多くの方のご参加をお待ちしております。下記サイトよりお申込みください。

https://business.form-mailer.jp/fms/a5a0646875141 (外部サイトへリンクします)

日時:2018年2月7日(水)10:00~17:30(開場9:30~)
場所:東京国際交流館 国際交流会議場(ゆりかもめ「船の科学館」駅徒歩3分)

http://www.jasso.go.jp/ryugaku/kyoten/tiec/access.html
 (東京国際交流会館のウェブサイトにリンクします)

プログラム:
 基調講演:REDDプラスの実践と今後の課題―住民の便益と森林保全活動の両立を目指して―(奥田敏弘/広島大学)

 Part1:各国の条件に即した排出削減量の計測と参照レベルの設定(FAO、ベトナム、日林協)
 Part2:地域におけるREDDプラス活動と民間参画(CIペルー、森林総研など)
 パネルディスカッション:REDDプラスの展開に向けたこれからの課題と民間参画(講演者、林野庁)

定員:250名(定員に達し次第、締め切ります)
申込:下記サイトよりお申込みください。

https://business.form-mailer.jp/fms/a5a0646875141 (外部サイトへリンクします)

参加費:無料

詳細は、REDD研究開発センターのウェブサイトをご覧ください。
http://redd.ffpri.affrc.go.jp/events/seminars/2018/20180207_ja.html 

国際緑化推進センター(JIFPRO)
11:53 | 集会案内
2017/12/13

第22回吉良賞受賞候補者の推薦依頼

| by jaste事務局
日本熱帯生態学会員の皆様

拝啓 歳末ご多忙のおり、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

現在、吉良賞受賞候補者の推薦を受け付けております。
良い方がおられましたら、推薦をご検討いただけますようお願い申し上げます。

ご推薦におかれましては、2月末日までに下記(1)~(3)の書類を学会事務局宛お送りください(メールによるご送付も受け付けております)。
(1) 受賞候補者氏名、所属機関、及び略歴(奨励賞の場合は論文題目を加える)
(2) 関係資料2部(印刷物の原本または抜刷)
(3) 推薦(自薦)理由

■日本熱帯生態学会事務局
〒890-0065 鹿児島県鹿児島市郡元1-21-24
鹿児島大学 農学部 生物環境学科 育林学研究室(気付)
日本熱帯生態学会 幹事長 鵜川 信
E-mail: jaste.adm@gmail.com

ご参考までに、吉良賞選考規定、最近2年間のTROPICS誌掲載論文のリスト、推薦書のひな型ファイル(奨励賞の例)を添付いたします。

日本熱帯生態学会賞選考規定.docx
2016-2017年TROPICS掲載論文.docx
吉良賞申請書(奨励賞)の雛型.doc

吉良賞の詳細については下記HPをご覧下さい。
http://www.gakkai.ac/jaste/gaiyou/

お忙しいところ恐縮ですが、ご高配賜りますようお願い申し上げます。

敬 具

日本熱帯生態学会
会長 米田 健
15:13 | お知らせ
2017/11/28

ニューズレターNo. 109公開

| by jaste事務局
事務局通信 第28回日本熱帯生態学会年次大会のお知らせ
北村俊平 国際サイチョウ会議IHC2017参加記
 
http://www.gakkai.ac/jaste/nl/
09:59 | ニューズレター
2017/10/04

JASTE27奄美大会での優秀発表賞

| by jaste事務局
JASTE27奄美大会での優秀発表賞は以下のとおりです.
The Best Presentation Awards of Jaste27 were as follows.

大矢 樹(大阪市立大学大学院理学研究科):ボルネオ島熱帯雨林樹木の性表現と生態特性の相関
大石 高典(東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター):熱帯アフリカ都市住民の動物タンパク源消費嗜好性―コンゴ共和国ブラザビルの事例―
中村 亮介(京都大学大学院農学研究科):Effect of logging on silicon cycling in a lowland
tropical forest in Borneo
武田 紗季(大阪市立大学大学院理学研究科):ボルネオ熱帯雨林におけるリュウノウジュとホソバリュウノウジュの間の浸透性交雑




12:05 | お知らせ
12345